あなたはどのタイプ?性格別TOEIC700点を突破する学習方法

英語の悩み

TOEICをスコアUPさせるなら、

700点というスコアは、目標点として掲げる人が最も多いスコアとなります。

 

おそらくこのページを見ている人は、

 

  • TOEIC600点台を保持しているが、より就職に有利になるようにどうせなら700点台を取っておきたい。

 

  • 今入社したいと思っている企業が基準としているTOEICのスコアが700点以上であるため、何としても達成したい

 

  • 今は英語初心者だが、いずれ英語を駆使した仕事についてみたい

 

というようなことを思っているはずです。

 

 

ですが、このTOEIC700点を取るためにはどのような学習をしたらいいのか…

 

 

調べればおそらく多数の方法が見つかるでしょう。

 

ただ、

「結局どの参考書がいいの?」

「いろんな方法があってどれを実践すればいいのか分からない!」

 

そのように思いませんか?

 

そこで、今回はあれこれ迷わないで済むように、TOEIC700点越えを確実に達成するための学習方法をできるだけ指定しながら明確にお伝えしていこうと思います。

 

TOEIC初級者は、まず600点を目標に!

まず、現状のTOEICのスコアが300点、400点台の初級レベル、もしくはTOEICを受けたことがないという初心者の人は、

いきなり700点を取るための学習方法を実践してしまうと、難易度が高すぎてスムーズに学習が進められない可能性があるので、必ず基礎から学ぶという意味で600点台を目指すための学習方法を先に実践した方がより確実にその先の700点越えを達成しやすくなります。

 

↓↓こちらから先に実践しよう↓↓

まだ迷ってる?すぐに一歩踏み出せるTOEIC600点を確実に突破する学習方法とは?
「仕事でキャリアアップのためにTOEIC600点以上が必要になった…」 「志望する会社がTOEICのスコアを重視している!」 「転職したいけど、TOEICで高得点を出してもっとできる仕事の幅を広げたい!」 でも、T...

 

あなたはどのタイプ?タイプ別にみるオススメの学習スタイルとは

まず、TOEIC600点を突破するための学習方法と同様に、学習をする際以下のように大きく分けて3種類の学習スタイルに分けられます。

 

3種類の学習スタイル【学習スタイル1】  

  • 完全独学

【学習スタイル2】  

  • TOEIC対策アプリを使って独学

【学習スタイル3】  

  • コーチングを受けながらの学習

 

また、学習に取り組む姿勢も3種類のタイプがあります。

学習における3種類のタイプ 【タイプ1】
集中力には自信がある
目標のためならガムシャラに取り組むことができる。というタイプ
【タイプ2】
目標までの道筋がハッキリしている、もしくは学習内容に充実感を感じられさえすれば継続して頑張れる。というタイプ
【タイプ3】
集中力に自信がない
必要最低限の努力で効率よく学習を進めたい。というタイプ

まず、これらの学習に取り組む上でのタイプに合わせて、学習スタイルを選択する必要があります。

 

学習スタイルの選び方とは?

自分に合った学習スタイルの選び方は、以下の通りです。

【タイプ1の人が選ぶべき学習スタイル】
①時間に余裕がある ➡︎ 完全独学
②無駄な時間はかけたくない/コストは抑えたい ➡︎ TOEIC対策アプリ
③最短で結果を出したい/多少の金銭的は負担は仕方ない ➡︎ コーチングを受けながらの学習

【タイプ1】の人は、どんな学習スタイルでも継続して努力することができます。

上記のように、自分の状況に合わせて学習スタイルを選びましょう。

 

【タイプ2の人が選ぶべき学習スタイル】
①コストは抑えたい ➡︎ TOEIC対策アプリ
②最短で結果を出したい/多少の金銭的は負担は仕方ない ➡︎ コーチングを受けながらの学習

【タイプ2】の人は、基本的にTOEIC対策アプリが向いているでしょう。

ただ、より確実性を求めるならコーチングを受けながらの学習も良いでしょう。

 

【タイプ3の人が選ぶべき学習スタイル】
コーチングを受けながらの学習

【タイプ3】の人は、できるだけコーチングを受けながらの学習を選ぶようにしましょう。

なぜなら、完全独学はもちろんのこと、TOEIC対策アプリも、効率的な学習が出来るとは言え、結局は自分の『続ける』という意志が大きく関わってくるため、【タイプ3】の人にはあまり向いていないのです。

 

TOEIC700点台を突破するための学習方法(完全独学編)

学習スタイルが決まったら、さっそく学習方法を、詳しく見ていきましょう。

 

まずは、【タイプ1】の独学で学習する人のための学習方法を紹介します。

 

TOEIC700点はグローバル人材へのスタートライン

TOEIC700点を突破すると、英語を実際に駆使した仕事ができ始めるレベルとなります。

 

そのため、今後さらにグローバル化が進む中で、企業が新たに採用する基準としてTOEIC700点以上とするところがほとんどです。

 

TOEIC700点台を目指す人が多いのはこのためです。

 

TOEIC700点台保持者ができること・できないこと

〈できること〉

  • 英語を駆使して仕事ができる(補助的な仕事)

〈できないこと〉

  • 複雑な場面における的確な対応や意思疎通はまだ少し不十分

 

実際のシチュエーションに当てはめると

  • 英語で業務連絡がこなせる
  • 取引先や自社の海外支店などと英語でメールのやり取りができる
  • 1人で通訳無しでの海外出張はまだできない
  • 海外赴任もまだ厳しい

 

TOEIC700点を越えるために必要なスキルとは

  • [単語力]

➡︎ 約5000語は必要

  • [リスニング](目標350〜400点)

➡︎ 英語を日本語に変換せず、そのまま英語として理解し、英語で回答できる感覚が必要

  • [リーディング](目標350点前後)

➡︎ 長文でもある程度のスピードなら抵抗なく読めるレベルが必要

 

具体的な学習方法とは

では、具体的にそれぞれの分野の学習についてです。

 

英単語と基礎文法の底上げが最優先

TOEIC700点を越えるための学習も、600点を突破するための学習同様、英単語力』基礎文法力』が非常に重要になります。

ただ今回は、基礎に加えてTOEICの頻出する英単語や文法の学習を更にこなし単語や文法それぞれの底上げを徹底的に行う必要があります。

 

私が指定するTOEIC700点を越えるための『英単語』の参考書

TOEIC600点を突破するための英単語の学習で扱う参考書は、主に初心者向けの基礎的な英単語を扱っている

『TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ),

でしたが、今回のようにTOEIC700点突破を目指すなら、基礎だけでは到達できません。

 

そのため、扱う参考書は銀のフレーズの上位版にグレードアップした

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ(TOEIC TEST 特急シリーズ),TEX加藤(著)

です。

 

こちらも「銀のフレーズ」同様、過去98回もTOEIC990点満点を記録した、神田外語学院で豊富な指導経験を持つTEX加藤先生の著書で、累計100万部以上を記録している最強のTOEIC英単語対策本と言われています。

 

内容的にも、単語を個別に覚えるのではなく、文字通りフレーズの中で頻出単語を覚えていく方式となっていますので、覚えやすく効率の良い学習ができます。

また、文の流れの中で単語を覚えることができるので、のちにリーディングの分野でもスムーズに学習できるようになるでしょう。

 

電車の移動などが多く、移動中にスマホで学習したい人は、

AI英語教材アプリ『abceed』を[App Store]もしくは、[Google play]から入手し、

そこから「金のフレーズ」を課金で購入すると、書籍の内容全てが網羅されたアプリが使用できるようになるのでおすすめです。

taison
taison

ネイティブ発音の音声まで聴けたり、復習すべき単語などがすぐ分かるようになっているので非常に便利ですよ。

 

私が指定するTOEIC700点を越えるための『文法』の参考書

文法においても基礎だけでなく、さらにTOEIC頻出の文法事項も徹底的に覚える必要があります。

そこで、今回指定する文法の参考書は

TOEIC L&R テスト 文法問題でる1000問TEX加藤(著)

です。

これも「金のフレーズ」と同様にTEX加藤先生の著書で、TOEICの頻出文法事項を徹底的に学習できる一冊なので、選んでまず間違いないでしょう。

 

この一冊さえやり込めば、TOEIC700点突破という目標に限りなく近づくはずです。

 

こちらの著書も、スマホアプリのAI英語教材アプリ『abceed』で課金すると継続して使えるようになるので、非常に便利です。

taison
taison

詳しい解説も着いているので非常に助かります!

アプリ派の人は、ぜひ使ってみてください。

 

リスニングとリーディングにそれぞれ特化した学習も無視できない!

TOEIC600点を越えるための学習では、まず『英単語力』、『基礎文法力』を伸ばす学習に大半の時間を費やせば自力で達成することが可能でしたが、

 

700点を越えるにはそうはいきません。

 

身につけた英単語力と基礎文法力を活かして、『リスニング』パートと『リーディング』パート、それぞれに特化した学習にも力を入れて実践的な感覚も身につけていかなければならないのです。

 

リスニングに特化した学習

TOEICにおいてリスニングの点数を伸ばすには、

 

  • 実際の問題の流れや傾向を知ること
  • ネイティブ独特の発音を正確に聞き取れるようになること
  • 英文を文字として見なくても意味を理解できるようになること

 

この3つが最も重要となります。

 

この3つの要素を効率よく伸ばすには、公式問題集のリスニングパートを全て『ディクテーション』『シャドーイング』するのが良いでしょう。

 

そして、問題集の文を見ずに100%聞き取れるレベルを目指します。

 

まず、『ディクテーション』を行い、聞いた文章をすべて書き起こしていけば、最初はうまく聞き取れなくても、徐々にネイティブの発音を正確に聞き取って書き起こすことができるようになります。

taison
taison

ディクテーションとは、聞いた音声をそのまま文字に起こして書き取る学習方法のことです。

 

『シャドーイング』においても、実際の音声を聴きながらネイティブの発音を真似して声を発することで、ネイティブ発音をより聞き取りやすくなり、英文を見ずとも内容を理解できるようになります。

taison
taison

『シャドーイング』とは、聞こえてきた音声を少し遅れて全く同じように復唱していく学習方法のことです。

 

公式問題集のリスニングパートだけでもかなりの語彙が網羅されており、実際の流れや傾向もつかめるので、この上ないツールとなります。

 

ただ、1つ忠告があります。

 

実際にやってみたらわかると思いますが、いざディクテーションやシャドーイングを行おうとすると、最初は全くついていけず何度も英文と照らし合わせながらの作業となるのでかなりの時間を要し、非常に根気のいる作業となるでしょう。

 

ここで、投げ出して他の効率の良さそうな参考書を探しに走ってしまう人が結局失敗するのです。

 

最初は時間がかかっても、必ず徐々にスピードも上がっていき、自分でも上達していくのが分かるはずです。

 

地味で遠回りのようで、これが1番の近道!

 

自分を信じて学習に励みましょう!

 

リーディングに特化した学習

リーディングにおいて、600点を目指す段階ではまず基礎になるpart5や短文のpart6で点を稼せげれば十分だったので、わざわざ長文を解いていく実践問題はあまり重要ではありませんでした。

 

しかし、700点を越えるためには長文のpart7対策も無視できなくなります。

むしろ、このpart7で点数を伸ばさなければ目標達成は不可能と思って良いでしょう。

 

part7の長文は、膨大な量の英文の内容を正確に理解して問題を解かなければならないので、非常に解くのに時間がかかってしまい、最後まで解き終われない人も続出するTOEIC最難関のパートとなります。

 

そのため、このパートの得点を上げるためには、読解スピードの向上が必要不可欠となるのです。

 

読解スピードを上げるには、英単語力と文法力が必要なのは当然ですが、

 

もっと大事なのは、英文を正しく訳しすぎないことです。

 

長い英文を正しく正確に日本語に訳しようとすると、時間がかかり過ぎてしまいます。

 

そのような場合は『スラッシュリーディング』という学習方法が非常に有効です。

taison
taison

スラッシュリーディングとは、英文を意味のカタマリごとに区切り、前から順序を変えることなく訳していくトレーニング方法です。

 

英文は、要所要所の単語の意味や熟語の意味さえ分かれば、だいたいの意味は分かるので、正確な意味に訳するよりも英文を英語の語順のままで読み、だいたいの意味に素早く訳する方が圧倒的に早く英文を理解しながら読むことができるようになります。

この「スラッシュ・リーディング」の実践を繰り返すことで、文法上の単語の入れ替わりなどのタイムロスが無くなり、読解スピードを格段に上げることができるのです。

 

こちらも辞書無しですべて読み切れるようになるまでやり込みましょう!

 

おそらくこのレベルになったときには、一冊の公式問題集がボロボロになっているはずです。

 

私が指定するTOEIC700点を越えるための公式問題集
  • ディクテーション
  • シャドーイング
  • スラッシュ・リーディング

などリスニングやリーディングに特化したトレーニングはこれまで述べたように、まず公式問題集一冊をやり込むことが大事です。

大変ですが、この公式問題集の英文を辞書無しで一冊完璧にそれぞれのトレーニングをこなすことができるようになればTOEIC700点突破はそう難しくなくなるはずです。

 

そこで私が指定する問題集は最新の第7弾の公式問題集です。

なぜかというと、TOEICも常に全く同じ傾向というわけではないので、できるだけ最初のものを扱った方が傾向もつかみやすいからです。

 

まずはこの一冊を極めましょう!!

 

TOEIC700点を越えるために必要な学習時間

これまで述べてきた中で、TOEIC700点を越えるためには、並大抵の学習時間では、まず達成できないということもしっかり理解できたのではないでしょうか。

 

ただ、漠然と膨大な時間を要すると思うのではなく、ある程度の学習時間の目安は1つのモチベーションとなるので、知っておいて損はないと思います。

 

以下、現段階でのTOEICスコアから700点を越えるために必要な学習時間をまとめてみたので参考にして下さい。

現在のTOEICスコア 700点を越えるために必要な学習時間
300点 900時間
400点 750時間
500点 550時間
600点 300時間

 

表を見ると、TOEIC600点の人が100点アップさせるだけでも300時間を要します。

taison
taison

300時間ということは、1日3時間の学習を最低約3ヶ月以上は続けなければならない計算となりますね!

あくまでも目安ですが、これを踏まえて自分の目標を達成しなければならない期限までの期間を逆算して学習に取りかかるようにしましょう。

 

TOEIC700点を越えるためのTOEIC対策アプリとは?

次は、【タイプ2】のTOEIC対策アプリを使って独学で頑張る人のために、おすすめのアプリを紹介したいと思います。

 

おすすめなのは『スタディサプリEnglish』のTOEIC対策コースです。

これは、主にスマホアプリとして活用できるTOEICのスコアアップに特化した専用プログラムです。

 

TOEICの対策ができるスマホアプリは多数ありますが、個人的にはこのアプリに勝るものは今のところ無いと思っています。

 

 

このスタディサプリEnglishは、誰でもスマホで簡単に始められて、それでいて提供元が就職支援最大手のリクルートというだけあって使いやすさにこだわり、

シャドーイングやディクテーション機能をはじめ、TOEICのスコアアップのための研究し尽くされたコンテンツや講義動画が非常に充実しているので、独学で闇雲に学習するより圧倒的に効率よく学習することができます。

 

TOEIC700点越えを目指す場合でも、そのレベルに対応したコンテンツを選び、学習に取り組むだけなので、

細かい学習方法を自分で設定する必要もなく非常に効率よく目標を達成できるツールと言えます。

 

また、体感すれば分かりますが、スタディサプリの高いクオリティにもかかわらず、料金は月額約2000円程度というコスパの良さも魅力的です。

 

あまりお金もかけたくないという人にとっても、「これぐらいなら試してみようかな」と思えるのではないでしょうか。

↓↓詳しくはこちらをご覧ください↓↓

【コスパ最強】スタディサプリTOEICコースにデメリットはある?徹底解説!
スタディサプリEnglishは、CMでもお馴染みで、誰でもスマホで簡単に始められて、それでいて提供元が、あのリクルートというだけあって使いやすさにこだわり、結果も出ることで今注目を集めている現代ならではの英語学習ツールの一つです。 ...

 

スタディサプリは7日間無料で体験することができるので、安心して始められると思います。

↓↓↓

 

TOEIC700点を越えるためのコーチングスクールとは?

最後は、【タイプ3】の集中力に自信がなく挫折しやすい人のために、コーチングを受けながらの学習スタイルについてお伝えしていこうと思います。

 

やはり、このタイプの人が1番多いです。

 

先ほども述べたとおり、TOEICはスコアを600点から700点に上げるだけでもかなりの学習時間を要します。

 

そのため、意志が弱い人はとくに自分の掲げた目標を達成できずに挫折しまう人も少なくありません。

 

そこで活躍するのが英語コーチングスクールです。

 

英語コーチングスクールにおいての学習は、英語で挫折しやすい人たちのモチベーションを保つための工夫や対策が徹底されているため、どんな人でも結果が出る可能性が非常に高い学習スタイルです。

 

しかし、英語コーチングスクールも調べれば多数のスクールがあり、これもまたどのスクールを選ぶかで迷うことも多いでしょう。

 

そこで、この英語コーチングスクール選びに困らないよう、私がおすすめのスクールを1つ指定したいと思います。

 

 

その最もオススメなTOEIC対策ができるコーチングスクールは、『トライズ』TOEIC®︎L&R TEST 対策プログラムです。

 

英語コーチングスクールは、

 

トライズのTOEIC対策プログラムがオススメな決定的な理由は、以下の通りです。

 

トライズがオススメな理由

  • 他の大手英語コーチングスクールと比べて非常にコスパが良い
  • 唯一スコアアップ保障が付いている

 

他の大手英語コーチングスクールと比べて非常にコスパが良い

トライズのTOEIC対策プログラムがオススメな理由の1つは、やはりコストパフォーマンスの良さです。

 

トライズのTOEIC対策プログラムの料金は、2ヶ月間で126,500円(税込)です。

 

一見ものすごく高額な気がしますが、他の大手英語コーチングスクールと比べるとどうでしょう。

 

以下、TOEIC対策におけるトライズと他の大手英語コーチングスクールの料金を比べてみましょう。

スクール 期間 入会金(税込) 月額換算(税込)
トライズ 2ヶ月 5.5万円 126,500円
ライザップ 2ヶ月 5.5万円 180,400円
プログリッド 2ヶ月 5.5万円 180,400円
スパルタ英会話 3ヶ月 0円 198,000円
イングリッシュカンパニー 3ヶ月 5.5万円 181,500円

 

見ての通り、英語コーチングスクールの月額の相場は約180,000円前後(税込) とトライズの料金を大幅に越えています。

 

こうして見ると、他のスクールに負けない、もしくはそれ以上の質の高さにもかかわらず、トライズは圧倒的に料金が安いことが分かります。

TOEICのスコアあっ

スコアアップ保障が付いている

トライズのTOEIC対策プログラムがオススメな理由2つ目は、

「スコアアップ保証」です。

taison
taison

規定のスコアアップを達成できなかった場合、無料で1ヶ月延長できるというものです。

 

トライズでは、このスコアアップ保障がついており、

入会時にTOEIC® L&R TEST(模擬テスト)を実施し、そのスコア別に、目標のスコアアップが叶わなかった人に対し保障がついているのです。

 

詳細は以下の通りです。

入会時のTOEIC® L&R TESTスコア 受講後のスコアアップ保障
450~495点 200点UP未満だった場合
500~545点 100点UP未満だった場合
550~645点 75点UP未満だった場合
650~745点 50点UP未満だった場合

注意点としては、誰でも保障がつくわけではなく、最低限以下の条件を満たしている人となります。

 

保障の適用条件

  • 規定スコアアップの未達成
  • 週20時間以上の学習達成
  • レッスンの欠席なし

卒業後に受験したTOEIC® L&R TESTのスコアの提出が必要となります

 

taison
taison

学習内容やサポート内容を他の大手英語コーチングスクールと見比べていると、どれも利点がありそれぞれ魅力を感じてしまいます。

1つのスクールをビシッと選ぶなら、この2つの特徴はトライズだけの特徴なので、選ぶ決め手となるはずです。

 

 

また、トライズのTOEIC対策コースでは、無料カウンセリングの時点で

  1. カウンセリングシートの記入
  2. カウンセリング
  3. 単語力の確認テスト
  4. 速読力確認テスト
  5. 文法力の確認テスト
  6. 弱点分析と最適な教材の提案
  7. 現状の課題と学習方法の提案
  8. プログラム内容の説明

 

といったように、

現在の英語力の診断から悩み相談まで、プロのコンサルタントが約90分も濃密にカウンセリングに対応してくれます。

 

さらにオンラインでの受講も可能となっているので、近くにスクールが無くても全く同じサービスを受けることができます。

 

オンラインなら、昨今の新型コロナの影響で、受講するのに消極的になっている人に対しても安心感があるはずです。

 

まずは気軽に1度トライズの無料カウンセリングから受けてみるのはいかがでしょうか?

 

トライズなら必ず目標を達成するための道筋を立ててくれます。

 

早速無料カウンセリングから申し込んでみる

↓↓↓↓

【トライズ】2ヶ月でTOEIC(R)スコアを本当に上げる⇒

コメント

タイトルとURLをコピーしました