海外留学は日本の就職で不利になる?知るだけで就職を有利にする方法とは

英語の悩み

将来性外資系企業などの英語を活かせる仕事でバリバリ働けるようになりたい!

 

 

そのような夢を抱いているあなた…

 

 

でも英語喋れないし、そんなに協調性があるわけでもない…

外資系企業で働くためには何をしたらいいかもよく分からない…

 

 

そのような悩みや迷いを抱えていないでしょうか?

 

 

でも、あなただけではありません。

 

 

実際、あなた以外にも英語が喋れなくても外資系企業に憧れている人は多数いますし、就職するための具体的な方法がわからない人もたくさんいます。

 

ただ、残念ながらなんとなくそのような夢を抱いているだけで、現実的には厳しいから本気で目指すまでには至らないという人がほとんどです。

 

 

あなたもその1人でしょうか?

 

 

そんな平凡な多数派の一般Peopleで終わって欲しくないので、せめて外資系企業など英語を活かせる仕事に就職するための近道を一度想像してみて下さい。

 

 

そうすると海外留学は、語学も学べますし、海外の人と交流を深めることで協調性も身につくイメージがあるため、真っ先に思いつく方法の1つだと思います。

 

 

しかし、知っておいて下さい。(これが1番伝えておきたいことです!

 

 

現在海外留学は必ずしも外資系企業またはその他英語系の会社への就職に有利になるわけではないのです。

むしろ不利になってしまうかもしれません。

 

  1. 海外留学が日本での就職に不利になりうる理由とは?
    1. 海外留学が不利になりうる「あなた自身」による要因
      1. 海外への留学が長期になるほど英語の資格試験を受けなくなる
      2. 英語に対する価値観が変わり「英語が得意」とアピール出来なくなる
      3. 海外の価値観が当たり前となり自己主張が強くなりすぎることがある
    2. 海外留学が不利になりうる「日本における社会的」な要因
      1. 海外留学がキャリアや学業においてブランクとして捉えられることがある
      2. 語学力の付加価値自体が下がってきている
  2. 具体的な海外留学での弱点を修正するための方法とは
    1. アピールに必要な英語系の資格やTOEICの試験を受ける
    2. 自己主張をしすぎないことを意識する
    3. 「自分は英語が得意」と自信を持って言って良い
    4. 語学以外に明確な目的を待って留学する
  3. はじめから日本の企業を目指すなら海外留学しない方が1番の近道?
    1. 国内の英会話スクールを受けるなら英語コーチングが最も確実!
      1. 面倒な手続きは一切なし
      2. 海外留学より圧倒的に費用が抑えられる
      3. モチベーションを維持しやすい
      4. 学習を進めるうえで困ったことや質問があればすぐに相談できる
      5. 就職活動における情報収集も同時進行で行える
    2. 英語コーチングスクールを選ぶなら『トライズ』がおすすめ!

海外留学が日本での就職に不利になりうる理由とは?

海外留学が日本での就職に不利になりうる理由としては、

「あなた自身による要因」と「日本における社会的な要因」の2つの要因があります。

 

海外留学が不利になりうる「あなた自身」による要因

海外留学が日本での就職を不利にしうる「あなた自身」による要因は以下の通りです。

 

就職が不利になりうるあなた自身の要因①海外への留学が長期になるほど英語の資格試験を受けなくなる

 

②英語に対する価値観が変わり「英語が得意」とアピール出来なくなる

 

③海外の価値観が当たり前となり自己主張が強くなりすぎることがある

 

海外への留学が長期になるほど英語の資格試験を受けなくなる

意外かもしれませんが、実は留学は、「期間が長くなればなるほど英語の資格試験を受けなくなる」と言う傾向があるのです。

 

というのも、海外に長期間留学していると、現地の人たちは当然として周りの留学生もまた長期間留学している人たちばかりになるため、「英語を話す」ということがごく当たり前の環境になります。

 

つまり、日本人がわざわざ日本語検定や漢字検定を受けないのと一緒で、英語が当たり前の環境になった人はわざわざ英検やTOEICなどを受けようと思わなくなるのです。

 

日本では、就活において履歴書などで英語関連の資格やハイスコアの保持は評価対象となるので、

 

英語を話せたとしても、それを証明する客観的評価ができる資格やTOEICのスコアなど、指標となるものがなければ書類選考の時点で落とされてしまい、本当の英語力がアピールできる面接にさえ進めないということもありうるのです。

 

英語に対する価値観が変わり「英語が得意」とアピール出来なくなる

不思議なことに長期間留学している人は、

担当者
人事担当

英語は得意ですか?

と質問された場合、

 

taison
就職希望者

英語はあまり得意ではありません。もっと勉強しておけばよかったと後悔しています。

このように答えます。(実際の面接では、ここまではっきりマイナスな発言はしないと思いますが、感覚としてはそのように思っているのです。

 

 

一見英語を話せるのだから得意だろ!思うかもしれませんが、英語が当たり前の環境に長期間いると、ただ英語でコミュニケーションが取れることが「英語が得意」という感覚にはならなくなってくるのです。

 

やはり細かな表現やニュアンスの違いに戸惑っていたり、文化の違いで苦戦したりと、長期滞在者ならではの経験をしているからこそ「あまり得意ではない」という感覚になるのでしょうが、

 

実際の就活の場では、はっきり「英語は得意です!」と自信を持ってアピールすることは大事になるので、

逆に留学経験がないTOEIC900点台保持者の方が就職に有利となることもあるのです。

 

海外の価値観が当たり前となり自己主張が強くなりすぎることがある

海外では日本と違い、個性や独創性が重視され、またそれをしっかり自己主張するということに重き置いた考え方が一般的です。

 

そのため、長年そのような環境で育っている海外の人たちは、周りの人に合わせるというよりも、自分の思いや考えをはっきり伝える人がほとんどなのです。

 

そのため、逆に自己主張や、自己表現ができない人は周りからの評価を受けにくいため、孤立してしまいやすいのです。

 

このような海外の環境で長期間生活していると、嫌でも自然と自分の自己主張をするような体質になってきます。

 

 

一方で、日本の就職活動においても採用担当者に自己アピールすることは非常に大切ですし、他の入社希望者との差別化をはかる意味でも自主性は評価の対象となります。

 

しかし、海外留学でそのような自主性重視の考え方が染みついた人が帰国後に日本の就職活動をすると、その自主性をアピールし過ぎる傾向があり、

 

「協調性がなく扱いづらそう」

「人の意見に耳かたむけず、会社の意向と違う行動をとられそう」

 

と思われ、内定をもらいにくくなる恐れがあるのです。

 

海外留学が不利になりうる「日本における社会的」な要因

海外留学が日本での就職を不利にしうる「日本における社会的」な要因は以下の通りです。

 

就職が不利になりうる社会的要因①海外留学がキャリアや学業においてブランクとして捉えられることがある

 

②語学力の付加価値自体が下がってきている

 

海外留学がキャリアや学業においてブランクとして捉えられることがある

海外留学は誰もができる経験ではないですし、自分にプラスとなる様々な経験ができるでしょう。

 

しかし、客観的な視点から見てみると、海外留学は日本でのキャリアを一旦途絶えさせる、または学業においてブランクが空くことに他なりません。

 

企業側からすると、そのような日本でのキャリアや学業にブランクがある人が、入社後にしっかり仕事をこなしていけるのか?という印象を与えることもあるのです。

 

つまり、よほど海外留学で会社にとってプラスとなる経験したことがアピール出来なければ評価されないのです。

 

語学力の付加価値自体が下がってきている

近年日本でもグローバル化をはかるため、世界で活躍できる「グローバル人材」を育成する取り組みとして、他種にわたる奨学金制度などの海外留学支援制度が充実してきました。

 

また、個々の大学や大学院でも独自の海外留学プログラムを実施しているところもあるため、海外留学をする大学生も年々増え、「海外留学」自体が珍しいものではなくなったのが現状です。

 

つまり海外留学により、単純に「英語を話せる」という人が貴重な存在というわけではなくなってきたので、語学力の価値は現在さほど高くなくないのです。

 

 

いかがでしょうか?

 

ここまで述べことを知るだけでも、海外留学の「就職における弱点」を把握することにもつながるので、就活のときに修正がしやすくなると思います。

 

 

ただ、ここで気づいたでしょうか?

 

 

ここまでの内容は「長期留学者」においての内容がほとんどだったので、

 

「じゃあ短期留学者の場合はどうなる?」

 

と思いませんでしたか?

 

 

短期留学者は期間が短い分、逆に資格やTOEICスコアを重視しやすいため、客観的な視点で言えばその後の就職活動においてアピールにつながる可能性はありますが、

 

そもそもの英語でのコミュニケーション能力が不十分であることが多いため、根本的な部分で十分な評価を得られないことが多いのです。

 

 

具体的な海外留学での弱点を修正するための方法とは

海外留学の弱点が分かれば、あとはその弱点を埋める考え方を持つ、もしくは弱点を補う行動をとればいいのです。

 

海外海外留学の弱点を埋める考え方・行動 ①アピールに必要な英語系の資格やTOEICの試験を受ける

 

②自己主張をしすぎないことを意識する

 

③「自分は英語が得意」と自信を持って言って良い

 

④語学以外に明確な目的を待って留学する

 

アピールに必要な英語系の資格やTOEICの試験を受ける

もし海外留学後に外資系企業などに就きたいと思っているならば、少なくともTOEICは受けておいた方がいいでしょう。

 

最初に述べたように、英語が当たり前の環境下に長期間いると英語力の客観的指標となるTOEICなどを受ける重要性を感じなくなってしまうので、

日本における就職活動では、英語力を形として証明しておくことも重要だということを理解して、資格試験やTOEICの対策もしっかりこなしておきましょう。

 

長期間海外に留学していれば、おそらくリスニングはかなり有利になるので、さほど苦にしないでしょう。

ただ、「英語を話す」ということに慣れすぎている場合、意外と単語や文法、文章読解の分野でつまずいてしまう可能性がありますので、

公式の問題集等を実際に解いてみて、不足している分野を明確にしておくと良いでしょう。

 

ちなみに、下の表は外資系企業で働く上で必要とされるTOEICのスコアを調査したものです。

参照元:https://hitononayami.com/foreign-owned-survey/#toc2

 

表を見ると、TOEIC700〜800点程が外資系企業で働くためのボーダーラインとなっているようです。

長期間海外留学をしていればそれほど難しい数字ではないと思います。

 

自己主張をしすぎないことを意識する

例えば、自己主張が強すぎると

 

①「海外では〜」や「アメリカでは〜」など日本に対してを常に否定的な意見を述べる。

②「私は海外留学の経験から、この会社の〇〇なところが弱点だと思います。入社したらこの〇〇を変え、会社に貢献できる自信があります。」と面接の時点で会社に対して上から目線の発言をする。

③「私は入社したら、絶対に〇〇の業務につきたい!」「〇〇の業務が向いている」「〇〇の業務で活躍する自信があります。」と限定的な業務についてばかり発言する。

 

このような失敗をしてしまうことがあります。

 

①では、あくまでも希望する企業は「日本の企業」なので、日本の否定をしてしまうと「じゃあ向こうで働けばいいじゃないか」と思われてしまいます。

 

②では、会社に対して上から目線の発言となり、「偉そうだな」「プライドが高く扱いづらそうだな」という印象を与えてしまいます。

 

③では、希望業務が限定的すぎて「柔軟性が無さそう」判断されてしまうかもしれません。

 

自己主張が強すぎると①②③のような悪い印象を与えてしまうので、

 

日本の否定ばかりではなく、留学したことで「日本の良さをあらためて感じた」などの内容を述べるのも大切ですし、

 

企業に勤務する上では、会社の意向に沿った業務を行う必要がありますし、自分の希望業務ではない業務を任されることも当然あるので、

謙虚な姿勢を持ち、海外留学を経験したことで「日本と海外の2つの考え方を持つ柔軟性のある人材」ということをアピールできるようになっておきましょう。

 

「自分は英語が得意」と自信を持って言って良い

長期留学をするとより優秀な留学生やネイティブの人たちと英語力を比較してしまうため、「自分は英語が苦手だ」「日常会話程度ならできる」というように過小評価してしまう傾向にありますが、

そもそもが長期間の「海外留学経験者にとっての日常英会話」は、「短期留学者が思う日常英会話」とは全く異なり、自分が経験してきた専門分野に関する内容などレベルの高いものとなっているのです。

 

そのような中で不自由なくコミュニケーションが取れるということは、日本においては、十分「私は英語が得意です」と言っていいのです。

 

ただ、注意点としてあからさまな英語力アピールは逆効果となってしまいます。

単純に「英語が話せます」ということではなく、具体的に「英語を使ってこのようなコミュニケーションを取ることができます」というように心がけましょう。

 

語学以外に明確な目的を待って留学する

おそらくこれが最も大事だと思います。

 

ただ「就職に有利になるから」、「とりあえず留学したらやりたいことが見つかるだろう」などといった安易な考えの留学だった場合、長く海外に滞在していたとしても内容の薄いものとなり、お金と時間が無駄になってしまいます。

 

また、先ほども述べたように、現在の日本での就職活動において、単に英語を話せるだけではあまりアピールにはつながりません。

 

そのため最低でも

  • なぜ留学したいと思ったのか
  • どんなことを学ぼうとして留学を決意したのか
  • 留学するためにどんな準備して、どんな努力をしたのか

 

ということは、簡単に答えられるほど留学に対する意欲をもっておく必要があります。

 

そうすれば、留学中においても

  • 自分が渡航する前にイメージしていた留学と実際のギャップ
  • 留学中に失敗したことは何か、またそこから何を学んだか
  • 失敗を克服するためにどんな努力をしたのか
  • 現地の人たちや他の留学生との交流の中で得られたものは何か
  • 何において成長できたのか

 

など、留学しなければ絶対得られないかもしれない「自分にとっての財産」を意識的に見つけていくことができます。

 

この留学で得られた財産を就職において存分に伝えることが1番大切なのです。

 

 

そのために日々の日記・記録などを常に書き留めておくと「財産」が形として残るので留学後の活動において非常に有効なツールとなりますし、それを見直すことであらためて自分を見つめ直すこともできるので、かなりオススメです。

taison
taison

留学後にまとめて経験・体験談を思い出そうとしても意外と細かいところまでは思い出せないことが多いですからね!

 

 

はじめから日本の企業を目指すなら海外留学しない方が1番の近道?

たしかに海外留学は、様々な国の人との交流など国内では経験することができないことを多数経験することができ、視野の広さや価値観の違いを理解できる懐の深さ・柔軟性などを身につける意味ではこの上ない方法だと思います。

その経験は日本で就職をする場合でも、間違いなくプラスとなりますし、大きな武器となるでしょう。

 

ただ、日本国内の外資系企業やその他英語系企業を目指す場合、必ずしも海外留学をしなければならないということは決してありません。

 

むしろ、海外留学をしない方が最も近道と言えるかもしれません。

 

 

というのも、口頭でのコミュニケーションを英語メインで業務をしている外資系企業に勤めるビジネスパーソンを対象に実施されたアンケートでは、

 

役立った英語学習の方法で最も多かったのは国内の英会話学校

そして、3番目多かったのがオンライン英会話だったのです。

参照元:https://www.dreamnews.jp/press/0000230701/

 

このことから、国内で英語力を伸ばし外資系企業に入社している人の方が、海外で英語力を伸ばして入社している人より多いということが言えます。

taison
taison

海外留学しなくても、外資系企業で働けている人が多いのは、今からそのような仕事目指す人にとっては非常に希望が持てますね!

 

国内の英会話スクールを受けるなら英語コーチングが最も確実!

英語スクールといっても国内には数え切れないほどの英会話スクールがあります。

 

そのため、どこを選べばいいのか当然迷ってしまうことでしょう。

 

そこで私が最もおすすめする方法は、英語力上達の確実性が最も高い英語コーチングスクールを受講するという方法です。

 

私が英語力上達の確実性を重視する理由は、

 

最終的に確実性がある方が、結局のところ英語習得までに掛かる費用が安くなるからです。

taison
taison

週に1回〜2回の英会話スクールだけの英語学習では、自主的にかなり努力をしない限り英語力の上達にかなりの時間を要してしまい、結局トータルの授業料にしてみるとかなりの額になってしまうだけでなく、効率もかなり悪くなってしまうのです。

 

英語コーチングスクールのメリット①面倒な手続きは一切なし

 

②海外留学より圧倒的に費用を抑えられる

 

③モチベーションを維持しやすい

 

④学習を進めるうえで困ったことや質問があればすぐに相談できる

⑤就職活動における情報収集も同時進行で行える

 

面倒な手続きは一切なし

日本で英語コーチングスクールを受講する場合、

もちろん海外に行く必要がないので、面倒な渡航の準備や公的手続きなどの不慣れな作業に時間を費やさなくて済み、英語学習にしっかり集中することができるのです。

 

海外留学より圧倒的に費用が抑えられる

英語コーチングスクールは、英語を確実に習得するための徹底したサービスを提供するので、正直言ってオンライン英会話などに比べて安くはありません。

代表的なコーチングスクールの金額を見てみると以下のようになります。

期間 入会金 受講料
トライズ 1年 5万円 129.6万円
スパルタ英会話 3ヵ月 5万円 54.0万円
ライザップイングリッシュ 3ヵ月 5万円 52.8万円
イングリッシュカンパニー 3ヵ月 5万円 49.5万円
プログリッド 3ヵ月 5万円 46.8万円

 

見ての通り、平均しておよそ50万円ほどはかかります。

 

しかし、1度調べたことはあるかもしれませんが、もし海外留学していた場合にかかる費用はどれぐらいだったでしょうか?

 

満足に英語を習得できる期間を半年以上とすると、費用は数百万円に及んでしまいますよね?

 

つまり、海外留学に比べれば圧倒的にコストを抑えられるのです。

 

モチベーションを維持しやすい

海外留学をすれば、勝手に英語が話せるようになるイメージがあると思いますが、

実際に留学しても、語学力の向上は自分がどれだけ高い意識で日々の生活を現地で過ごせるかというところにかかっています。

 

そのため、モチベーションを保つのが苦手な人は、積極的に周りに話しかけることができず、何の成果を上げることなく帰国するという結果に終わってしまうことも少なくないのです。

 

しかし、英語コーチングスクールなら専属トレーナーによってモチベーションを保つためのサポートを十分に受けられるため、挫折せずに確実に英語習得が可能となるのです。

taison
taison

メールやLINEを通じて日々の学習の進行具合をチェックしてくれたり、

成績が停滞してくる時期も熟知されているので、学習内容の適切なアドバイスをくれたりと、様々なサポートをしてくれますよ!

そのため、大手英語コーチングスクールは満足度、継続度ともに90%を越える実績を残しています。

 

学習を進めるうえで困ったことや質問があればすぐに相談できる

海外留学した場合、初期の段階ではまだ英語があまり理解できない状態で不安な時期が必ずあるでしょう。

そのため、分からないことや悩みも多数出てきます。

 

しかし、周りは英語でしか会話できません。

 

そのため、誰かに相談できる機会も少なく、悩みや問題を解決しづらいのも、留学初期にぶつかる大きな壁となります。

 

一方、英語コーチングスクールなら、専属トレーナーが日本人なので、分からないことや質問があれば気軽に質問することができます。

 

そのため、1つ1つ問題や悩みを解決しながら英語学習を進めていけることは大きなメリットとなるでしょう。

taison
taison

これもモチベーションを保つための1つのサポートと言えますね。

 

就職活動における情報収集も同時進行で行える

日本にいれば、学習の合間に就活エージェントなどにも出向くことができるので、希望の企業の情報や、履歴書・面接対策などの実際に企業に就職するために必要となる情報収集やスキルアップも同時進行で進めていくことができるのもメリットとなります。

 

 

まとめると、英語コーチングスクールの期間は3ヶ月というところが多いので、留学期間も3ヶ月とした場合で比較して見てみると以下のように対比となります。

  海外留学 英語コーチング
期間 3ヶ月 3ヶ月
費用 【学費】
約35〜120万円
【居住費・生活費】
約20〜60万円
【渡航費】
約5万〜25万円
【受講料】
約50万円

【入学金】
5万円

語学力の上達度
サポート体制
安心感
手軽さ

 

このようにしてみると、英語コーチングスクールが、海外留学と同等の語学の上達度であることに加えて、

その他の費用サポート体制安心感手軽さにおいて全て上回っていることがわかります。

taison
taison

語学力向上に重点をおいて上達させようと思うなら、英語コーチングスクールがどれだけ効率が良いかが分かりますね。

 

英語コーチングスクールを選ぶなら『トライズ』がおすすめ!

英語コーチングを受けると言っても、先ほど表であげたように、大手の英語コーチングスクールだけでも何種類もあります。

 

そこでさらに絞り込んで、1つ選ぶとするなら、「トライズ』がオススメです。

 

なぜなら、TOEIC(R) Listening & Reading Testのスコアが750点前後はあるが、英語が話せない人が「外資系企業で働くためには、毎日3時間英語学習に取り組むとしてどのくらいの期間、英語学習に注力したら良いか?」

 

というアンケートによると、集中して学習するべき期間は6ヶ月以上と答えた人が6割以上を占める結果となっています。

参照元:https://www.dreamnews.jp/press/0000230701/

taison
taison

つまり、外資系企業で働いている人たちからすると、「TOEICが750点であっても英語が話せないなら、最低毎日3時間、6ヶ月以上は英語学習した方がいいよ」

と言っているわけです。

 

このアンケート結果をふまえると、英語コーチングスクールの中で、6ヶ月以上受講できるのは、12ヶ月受講可能な『トライズ』だけとなります。
もちろん、その他のスクール受講後に独学やオンライン英会話等での英語学習を行うという選択肢もありますが、確実性から言うと間違いなく6ヶ月以上プロの指導を受けた方がいいに決まっていますよね?

taison
taison

どちらかというと、その他の英語コーチングスクールは、外資系などに内定後に英会話力に不安がある人が受けるのが適していると思います。

まだ、「就職を目指す段階」なら断然『トライズ』です。

 

内定後に英語力を高めたいという人はこちら

↓↓↓

外資系に内定!でも英語が話せない!たった3ヶ月で入社に自信をもつ方法
奇跡的に外資系企業に内定が決まった! 外資系企業は世間一般的にエリートが入社するイメージがあるため、周りの人たちからの評価もかなり上がることでしょう。 〇〇さん外資系企業で働いてるらしいよ! ...

 

また、トライズでは、就職活動の英語面接対策などもプログラム内でレッスンを受けることも可能なので、外資系企業や英語系企業を目指すなら1度検討してみてはいかがでしょうか?

↓↓↓↓

「トライズ」で英語学習における目標・希望を無料でカウンセリングしてもらう⇒

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました