駐在妻でも働ける?元キャリアウーマンがプライドを捨てずに済む方法とは

英語の悩み

夫の海外赴任が決まった…

 

ついてきてほしいと言っている。

 

 

もちろんついて行って支えてあげたい!

 

 

しかし、すぐには決断できないのが現状だと思います。

 

 

なぜなら、海外赴任に帯同することで様々な問題が心配されるからです。

 

その中でも、

 

「夫の海外赴任に帯同した妻は現地で仕事ができない」

 

という問題は、帯同する上で非常に悩む大きな理由のひとつになるでしょう。

 

そこで今回は、『海外赴任に帯同した際の駐在妻の仕事』について、問題解決の糸口となればと思います。

 

  1. 駐在妻が仕事をしない場合どうなる?
    1. 日中が暇で仕方がない
    2. 自分の存在意義を見出せない
    3. 夫に完全に養ってもらっているという虛しさ・劣等感にかられる
    4. 専業主婦たちとは価値観が合わず集まりに馴染めない
    5. 自分のために自由にお金が使えない
  2. 海外赴任に帯同した妻がどうしても現地で仕事ができない4つの壁とは?
    1. 夫の会社が帯同した妻の就労を禁止していることがある
    2. 所得税等の納税手続きが非常に面倒
    3. 夫に帯同するためのビザでは就労が認められない国がある
    4. そもそも語学力がなければ仕事につけない
  3. 帯同ビザでも働ける国はないのか?
  4. 結局駐在妻が帯同ビザだけでは就労できない場合、働くことは絶対無理なの?
    1. 駐在妻の悩みを解決してくれるのは『クラウドソーシング』
      1. そもそもクラウドソーシングとは?
      2. クラウドソーシングはジャンルも多数!
  5. 渡航前に英語力を一気に爆上げしていけば一石二鳥、いや三鳥!
    1. 言葉が通じないストレスの解消
    2. クラウドソーシングの収入が上がる
    3. 帰国後に1段階上の仕事も視野に入れることができる
  6. あとは限られた時間でひたすら語学力を上げるだけ!
    1. 確実に英語を話せるようになる効率的な方法とは?
      1. 第二言語習得理論に沿った学習をする
        1. 第二言語習得理論に沿った英語を話すためのプロセスとは?
      2. 毎日学習することを習慣化する
    2. 確実に英語習得を目指すなら英語コーチングスクール
      1. 完全カスタマイズのカリキュラムで学習効率が格段に上がる
      2. 忙しくても膨大な学習時間を確実に確保できる
      3. 第二言語習得理論に沿った学習を挫折せずに必ず続けられる徹底サポート
      4. 卒業後でも自力で英語力を伸ばす学習方法が身につく
  7. おすすめの英語コーチングスクール
    1. 渡航までに1年の猶予があるなら間違いなく「トライズ」
    2. 3ヶ月でできる限り英語を話せるようになりたいなら『ライザップイングリッシュ』
    3. 受講後も自力で英語力をあげていける能力を身につけたいなら『プログリッド』

駐在妻が仕事をしない場合どうなる?

最初に述べた通り、基本的に海外赴任に帯同する際のビザの関係上、駐在員は仕事をすることはできません。

 

そのため、海外赴任に帯同した駐在妻は専業主婦となることが一般的とされています。

taison
taison

これが、駐在妻はオシャレで優雅な生活をしているイメージが定着している理由かもしれませんね。

しかし、専業主婦となった駐在妻の現実はそんな優雅なものではないことも多々あるのです。

 

まず駐在妻が仕事をしない場合にどのような悩みに直面するのか想像してみてください。

 

おそらく以下のような悩みに直面するはずです。

 

 

仕事をしていない駐在妻の陥る悩み

①日中が暇で仕方がない

 

②自分の存在意義が見出せなくなる

 

③夫に完全に養ってもらっているという虛しさ・劣等感にかられる

 

④専業主婦たちとは価値観が合わず集まりに馴染めない

 

⑤自分のために自由にお金が使えない

 

日中が暇で仕方がない

1番の悩みはこれではないでしょうか。

 

最初は、見知らぬ街を観光気分で出歩いてみたりして時間を潰すことも苦ではなく、むしろ日々の仕事から解放されて楽しささえ感じるかもしれません。

 

しかし、それは最初だけ。

いずれ渡航先の街に慣れてきますし、観光気分もなくなります。

 

その後は、ご飯の支度、掃除、洗濯などのいわゆる専業主婦の仕事をただこなす毎日…

 

日本ではバリバリ仕事をしていた人にとっては、家事以外することが無くなり暇が苦痛となるのです。

 

自分の存在意義を見出せない

元々日本でバリバリに仕事をこなしていた人なら、少なからず

 

「私は会社に必要とされている」

「上司や後輩に頼られている」

「お客さんに必要とされている」

「経済的に夫の支えとなっている」

 

などの自負があり、仕事が自分のステータスになっていたはずです。

 

しかし、知らない土地で1人となり、さらに仕事を失いすることがないという状況になってしまったら、そのステータスを全て失うことになり、

 

「私は誰にも必要とされていない…」

「夫に負担をかけてしまっている…」

 

という感情に押しつぶされそうになることもあるのです。

 

夫に完全に養ってもらっているという虛しさ・劣等感にかられる

仕事をしていたときは、自分の収入もあるため、経済的にも夫の支えとなっているということがかたちとしてハッキリしていたと思います。

 

しかし、渡航先で仕事ができなくなった場合、自分の収入がなくなるため、夫に完全に養ってもらっているという状態になります。

 

つまり、支えとなる部分は家で夫の分の食事の準備や洗濯などの家事のみとなるのです。

 

今までバリバリ稼いでいた人なら、なおさらそのような状況になると、しっかり夫の支えとなっていないような虚しさや、夫に対する劣等感を強く感じるようになるのです。

taison
taison

最初は「夫の支えとなりたい!」と帯同を決意したはずが、次第に「支える」ということに対する充実感が薄れてしまうのは悲しいことです。

 

専業主婦たちとは価値観が合わず集まりに馴染めない

中には専業主婦となった駐在妻同士でコミュニケーションをとる集まりもあるかもしれません。

 

このような集まりは、一見英語があまり話せない場合でも情報交換ができますし、同じ環境の中で生活している人が他にもいるという心強さを感じるかもしれません。

 

しかし、今まで仕事をバリバリにこなしていた人は、おそらく専業主婦の人たちと価値観がまるで違います。

 

そのため周りと考えが合わず馴染めないということもあるのです。

taison
taison

中には、日本人がよくイメージしている、「優雅な海外生活を送り専業主婦の駐在妻」もいます。

そのような人とは、とくに価値観がずれてしまうかもしれませんね。

 

自分のために自由にお金が使えない

自分で稼いでいたときは、経済的にも余裕があり、家庭へのお金も確保しながらも、ある程度自分のために使うお金もあったでしょう。

また、「自分で稼いだ」という自負があるので、その分は自由に使っても何の罪悪感もなかったはずです。

 

しかし、赴任後仕事を失い夫に養ってもらっているという状況になってしまうと、経済的に余裕もなくなり、なおかつ自分で稼いだお金ではないため、下手に娯楽や趣味のためにお金を使うことに罪悪感を感じるため、自由にお金が使えなくなるのです。

taison
taison

意外とこの悩みは大きいかもしれませんね。

 

 

海外赴任に帯同した妻がどうしても現地で仕事ができない4つの壁とは?

上記のように、もともと日本でバリバリに働いていた人が、専業主婦になってしまうとなかなか辛い現実が待っていることがイメージできたと思います。

 

 

やはり、現地でも仕事をしたい!と思いますよね?

 

 

しかし残念ながら駐在妻が現地で仕事をするためには、なかなか越えられない大きな壁が存在するのです。

 

駐在妻が帯同先で仕事するための4つの壁①夫の会社が帯同した妻の就労を禁止していることがある

 

②所得税等の納税手続きが非常に面倒

 

③夫に帯同するためのビザでは就労が認められない国がある

 

④そもそも語学力がなければ仕事につけない

 

夫の会社が帯同した妻の就労を禁止していることがある

まず1つ目は、夫の会社が帯同した妻の就労を禁止している場合です。

 

妻の就労を禁止する理由の1つとして、夫の会社が妻の「扶養手当」や「海外赴任手当」など、実質妻を養える分の手当を高額で支給していることがあげられるでしょう。

もし妻が別途働くための許可をもらえたとしたら、上記の手当や渡航費などの福利厚生がすべてなくなってしまうこともあるのです。

 

まだ自分が別に稼げるかわからない状況で、会社に就労許可を求めるのはリスクが大きいため、その時点で諦める人がほとんどなのです。

 

また中には、国家公務員や一部の企業に勤めている場合、海外で勤務する配偶者に帯同する人に長期の休暇を認める『配偶者帯同休暇制度』を設け、仕事を辞めなくてもいいように配慮しているところもあります。

 

しかし、この制度を使って休業できるのはどんなに長くても3年間というところがほとんどです。

せっかく長期休暇制度があっても「夫の海外赴任の任期が3年以上であることも少なくないので、結局仕事を諦めざるを得なくなるのです。

 

所得税等の納税手続きが非常に面倒

駐在妻が個別に現地で働く場合、所得税などの納税義務が発生することを忘れてはいけません。

 

ある一定の所得を得ると、現地の国ごとのの法律に従って納税する必要があるのです。

 

日本でもそうですが、納税の際に海外でも当然納めるべき納税の額を確定させるために確定申告や年末調整などの手続きをする必要があります。

 

日本での手続きでさえも面倒であるのに加えて、「国によってルールが異なる」、「夫の会社での確定申告に変更が生じる」などの手間がさらに増えるとなると個別に現地で仕事に就こうとは思えなくなってくるのです。

 

夫に帯同するためのビザでは就労が認められない国がある

実は、駐在妻が夫の赴任先で働こうとする場合、夫に帯同するためのビザ(いわゆる帯同ビザ)では、就労が認められない国も少なくないのが現状です。

 

現地で働くためのビザ(就労ビザ)へ切り替えるという方法もあるにはありますが、ビザの手続きは非常に大変ですし、先程お伝えした夫の会社との兼ね合いもあるので、あまり現実的ではありません。

 

また、そもそも現地の企業もわざわざ数年で帰国してしまうかもしれない駐在妻を雇うよりも、現地の人を雇う方が将来性もありますし何かと楽であるため、駐在妻の就職活動自体が非常に困難と言えます。

taison
taison

現地の企業側も言葉や文化の違いなどを教えることにもあまり労力をかけたくないですしね。

 

そのため、海外での仕事を諦める人がほとんどなのです。

 

そもそも語学力がなければ仕事につけない

そもそもあなたは、英語などの語学力はありますか?

 

まず、現地で働くなら最低でもビジネス英語が堪能でなければなりません。

 

あなたご自身でも、もし英語が話せないという自覚があるなら現地で仕事を探すことすら抵抗がありますよね?

 

そのような場合は、当然現地での就職は困難となります。

 

帯同ビザでも働ける国はないのか?

夫の赴任先での駐在妻の就労は、上記のように難しい部分がありますが、100%無理というわけではありません。

 

中には、就労ビザを取得しなくても現地で就労できる国もあるので、あなたが滞在する国が就労可能かどうか知っておくと良いでしょう。

 

以下、日本人の海外赴任先として多い順にトップ10までランキングしたものです。

その中で帯同ビザだけで就労可能かどうかを記載していますので参考にしてみて下さい。

 

順位 赴任国 帯同ビザの就労可否
1位 中国 就労不可
2位 アメリカ L2ビザ(帯同ビザ)+ EAD(労働許可書)で就労可能
3位 タイ 就労不可
4位 シンガポール Dependant's Pass(帯同家族ビザ)+ LETTER OF CONSENT(労働許可書)で就労可能
5位 マレーシア 就労不可
6位 イギリス Tier 2 ICT dependent(配偶者ビザ)で就労可能
7位 インドネシア 就労不可
8位 ベトナム 就労不可
9位 ドイツ 要件を満たせば、労働権が付いた滞在許可証
が発給
10位 台湾 就労不可

参照元:https://joint-ventures.net/expat-wife-spouse-visa-work/

 

日本人の海外赴任先トップ10のうち、就労ビザを取得しなくても働ける国は、

  • アメリカ🇺🇸
  • シンガポール🇸🇬
  • イギリス🇬🇧
  • ドイツ🇩🇪

 

ということが分かります。

taison
taison

アメリカやイギリスなど英語圏としての主要国が就労可能なのは嬉しいですね。

ただ、アメリカは労働許可証がいるので注意が必要です。

もし、滞在国が当てはまる場合は、現地での就職を検討してみると良いと思います。

 

結局駐在妻が帯同ビザだけでは就労できない場合、働くことは絶対無理なの?

もし滞在する国がアメリカやイギリス以外の、帯同ビザだけでは働けないところだった場合、もう現地で仕事をすることは叶わないのでしょうか?

 

 

結論から言えば、決してそんなことはありません。

 

現地の企業に就職することは確かに難しいがしれませんが、仕事をすることは可能なのです。

 

駐在妻の悩みを解決してくれるのは『クラウドソーシング』

現地で仕事に就けない駐在妻が仕事をするには、

 

①ビザの影響を受けない

②通勤しなくてもよい

 

主にこの2つの条件を満たした仕事を選ぶ必要があります。

 

 

その中でも最もオススメな方法とは…

 

 

 

クラウドソーシングサイトに登録してオンラインで作業をする。

 

 

これです。

 

 

オンラインでの仕事は、ビザの影響も受けませんし、どこでも仕事が可能なため、きっとあなたの悩みを解決してくれるはずです。

 

そもそもクラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、仕事を発注したい企業や個人が、webを通じて不特定多数の人々に仕事を依頼したりアイディアやデザインを募集したりするためのWEBサービスのことです。

 

あなたがクラウドソーシングで業務を受注した場合、実際に会社に通勤してミーティングや打ち合わせをする必要はありません。

条件の交渉などは、すべてスカイプやメールなどの機能を利用して全てオンラインで完結するため、自宅など場所を選ばすにどこでも打ち合わせが可能なのです。

 

流れとしては、基本的に発注側が仕事内容や納期を決定し、受注側は引き受けた仕事を納期までに完了させ、報酬を受け取るという流れとなります。

 

このようにクラウドソーシングはオンラインですべて完結するので、面接などの就職活動もないのはもちろん、ビザの有無も関係なし

また自宅やカフェなど、どこでも仕事ができるため、通勤の必要もありません。

 

また、時給ではなく、納品するものの完成度や質によって単価が決まる場合が多いので、稼げるかどうかはあなたの技術次第となります。

 

おそらく日本でバリバリ働いていたあなたなら必ずいい仕事をこなすことができるはずです。

 

クラウドソーシングはジャンルも多数!

サービス内で依頼されている仕事は様々なな種類があります。

初心者でもできる簡単なライティング作業をはじめ、より専門的で高度な技術が求められるWebアプリの制作や翻訳などの仕事もあります。

そのため、プロのライター・デザイナー・プログラマーなどのスキルを持った人が副業としてサービスを利用しているパターンもあれば、

完全フリーランスとしてクラウドソーシングを本業で仕事を請け負っている人も少なくないのです。

 

以下のようにオススメのクラウドソーシングサービスを紹介しておきますので参考にしてみて下さい。

 

オススメのクラウドソーシングサービス ランサーズ
(国内最大級)
クラウドワークス
(こちらも国内最大級)
Bizseek
(手数料業界最安値)

 

 

渡航前に英語力を一気に爆上げしていけば一石二鳥、いや三鳥!

あなたが夫の赴任先に渡航までに期間があるなら、絶対的に英語力を上げておくことは必須だと思います。

taison
taison

あなた自身も英語力を上げておくことは考えていたかもしれませんね。

 

英語力を上げることで、言葉が通じると安心できるのはもちろんですが、実はそれだけではありません。

 

 

そのまま渡航するのと英語力上げて渡航するのでは今後のあなたの生活の充実度にも大きく影響するのです。

 

英語力UPをオススメする理由①言葉が通じないストレスの解消

 

②クラウドソーシングの収入が上がる

 

③帰国後に1段階上の仕事も視野に入れることができる

 

言葉が通じないストレスの解消

まずは当然言葉が通じるだけでも海外に移り住む上での安心感は段違いですよね。

 

もし夫の赴任先で1人でいるとき、語学力が乏しいままだと…

 

  • 家電や水道管などにトラブルが起きた
  • 急病に襲われた
  • 事故に遭った

 

など、急を要する事態に見舞われたときに対処できますか?

 

そういう意味でも語学力の向上は少なからず必要なのです。

 

クラウドソーシングの収入が上がる

語学力を向上させておくと、クラウドソーシングによる収入も増やすことができます。

 

これは、駐在妻なとっては非常に大きなメリットになるのではないでしょうか。

 

どういうことかというと、

 

先程お伝えしたクラウドソーシングサービス(クラウドワークスランサーズなど)で仕事をしていくと、

 

「もう少し単価が上がらないかな…」

「どの案件も単価が低い…」

 

そのように感じることもあります。

 

 

そのような場合、おすすめの方法が海外のクラウドソーシングサービスに切り替えるということです。

 

 

海外のクラウドソーシングサービスなら、単価も高く、ジャンルや案件数も桁違いなので、日本人というアドバンテージを活かして海外から仕事を得ることで、より高額な案件を見つけることもできるのです。

 

まだまだ日本人が参入していないブルーオーシャンなお仕事も多数あるので、やってみる価値は十分あると思います。

 

 

そこで必要となるのが、語学力(主に英語力)なのです。

 

やはり海外のサービスなので、記述も英語であることが多いですし、案件の内容も受注のやり取りも英語となることがほとんどです。

 

つまり英語ができなければ話になりません。

 

ですが、逆に英文をすらすら読めるレベルまで英語力が上がっていればより高い収入を得ることにつながるので、

 

そういう意味でも語学力向上は必要なのです。

 

海外のオススメのクラウドソーシングサービスUpwork(アップワーク)

「アメリカの世界最大規模を案件数を誇るクラウドソーシングサービス」

freelancer(フリーランサー)

「Upworkに並ぶオーストラリアの世界最大級のクラウドソーシングサービス」

 

帰国後に1段階上の仕事も視野に入れることができる

語学力が活かされるのは、けっして夫の赴任先だけではありません。

 

海外赴任も永遠ではなく、いずれ帰国するタイミングもおとずれると思います。

 

そんなとき、再び日本で仕事を探す際にも英語を活かした仕事など、以前に日本で仕事をしていた以上にできる仕事の幅も広がっているはずですし、更なるキャリアアップにつながるのです。

 

 

あとは限られた時間でひたすら語学力を上げるだけ!

語学力を上げることで夫の海外赴任への不安も少なくなることが少しイメージできたと思います。

 

とくに、英語は海外で幅広く対応できるので、あとは実際にビジネスで活躍できるレベルの英語を読んだり話したりできるようにひたすら学習していくだけです。

 

確実に英語を話せるようになる効率的な方法とは?

すでにあなたは英語の学習をしている、もしくはこれから英語の習得を目指して頑張ろうと思われているかもしれません。

 

 

ただ、1つ忠告です。

 

 

週1〜2回程度の英会話スクールに通って少しずつ英語に慣れていく

↑↑↑↑

このような学習は、やめたほうがいいと思います。

 

もし、その週1〜2回の英会話スクールのために毎日予習復習を必ずして、本気で取り組んでいるのならまだいいと思います。

 

しかし、そうでないのなら絶対効率が悪いです。

 

そのままでは、ビジネス英語どころか、日常会話すらもなかなか英語で話せないという事態に陥ってしまいます。

 

 

絶対渡航するときまでに英語の習得は不可能です。

 

 

そのようなことにならないように、しっかり効率良く英語を習得する方法を身につけておきましょう、

 

効率的に英語を習得する方法①第二言語習得理論に沿った学習をする

 

②毎日学習することを習慣化する

 

第二言語習得理論に沿った学習をする

実は、英語を効率良く習得する方法は、第二言語習得理論というかたちで科学的に証明されているということを知っていますか?

taison
taison

第二言語習得理論とは、母国語以外の言葉を身につけるメカニズムを脳科学や心理学・言語学など多方面から明らかにする学問のことを言います。

 

第二言語習得理論に沿った英語を話すためのプロセスとは?

第二言語習得理論に沿って英語を学習するには、必ずこなすべきプロセスがあるので、それをしっかり理解して学習に取り組まなければなりません。

 

英語の場合、「リスニング」と「スピーキング」の分野でそれぞれ通過するべきプロセスがあります。

 

このプロセスをこなさなければ、いくら英会話スクールに通っていたとしても無駄な時間が過ぎてしまい、いつまで経っても英語は話せるようになりません。

 

リスニング(聞く)のプロセス

1.音声知覚

音声知覚とは、言い換えると聞いた英語の音を正確に聞き取るということです。

taison
taison

つまり、ネイティブスピーカーが英語を話しているのを聞いたとき、

単語同士が繋がったような発音をしているのを正確に聞き取る必要があるということです。

 

簡単な例で言うと、

This is an apple. は、

ディス イズ  アン アップル ✖️

ディスィザナッポー     ○

というような感じです。

 

 

2.意味理解

意味理解とは、言い換えると読んで字の如く正確に聞き取った英語をちゃんと理解するということです。

taison
taison

正確に言葉を聞き取れたとしても、単語や文章の意味が理解できなければ意味がないので、

やはり、一つ一つの語彙力もしっかり身につけなければならない

ということです。

 

【スピーキング(話す)のプロセス】

1.概念化

概念化とは、言い換えるとどんな内容を話すのかを頭の中にイメージすることです。

taison
taison

これは、日本語の場合でも話したいことをイメージしながら話すと思います。

そういう点では英語も同じなのです。

 

2.言語化

言語化とは、言い換えると先ほど思い描いた内容を実際に英語の文章にするということです。

taison
taison

これは、英語を日本語に一旦訳す時間を省略し瞬間的に理解するスキルと、文章にするための知識が必要となります。

 

3.調音

調音とは、言い換えると文章化した英文を実際に英語の音として変換することです。

taison
taison

ここで初めて「英語を話す」が成立するわけです。

 

このように、英語を話すにはリスニングスピーキングにおけるプロセスを十分にこなすための学習をし、それぞれを高めるためのトレーニングを日々行う必要があるのです。

 

毎日学習することを習慣化する

英語習得へのノウハウやトレーニング方法が理解できていても、それを継続させなければやはり効果はありません。

 

ただ、第二言語習得理論に沿ったトレーニングというのは、英語に馴染みのなかった私たち日本人にとっては非常に大変な作業になります。

 

どうしても途中で心が折れそうになることもあるでしょう。

 

決して楽に英語を習得できる方法はないので、それを乗り越えてこそ、英語習得への道が開けるのです。

 

確実に英語習得を目指すなら英語コーチングスクール

確実に英語の習得を目指すなら、週に1回〜2回の英会話スクールにいつまでも通うより、断然英語コーチングスクールを選んだ方が効果があります。

 

英語コーチングスクールは次のようなメリットがあります。

・1人1人の細かな状況に合わせた完全カスタマイズのカリキュラムで学習効率が格段に上がる

 

・どんなに忙しくても膨大な学習時間を確実に確保できる

 

・第二言語習得理論に沿った学習を挫折せずに必ず続けられる徹底サポート付き

 

・英語習得のための正しい勉強の仕方を教えてくれる

 

完全カスタマイズのカリキュラムで学習効率が格段に上がる

英語の学習をする上で、大勢の人がまとまって授業を受けるデメリットは、

人それぞれ「英語習得の目的」や「目標」、「得意分野」や「苦手分野」が違うところに細かく対応できないという点です。

 

コーチングスクールなら個々に違う目的や能力を全てを考慮して1人1人に最も適した内容を考え、カリキュラムを完全カスタマイズして提供することができるのです。

 

忙しくても膨大な学習時間を確実に確保できる

 

英会話スクール コーチング系
学習時間 月に約4時間程度
(週1時間)
月に約80時間
(1日2~3時間)

一般的な英会話スクールと英語コーチングスクールの英語の学習時間の差は歴然で、

その差はなんと驚異の約20倍です。

 

社会人の英語習得には約2,000時間が必要という研究がありますが、

 

これは、第二言語として完全に習得するまでに必要な時間です。

 

完全ではなくても、ビジネスで英語を扱うことは可能なので、コーチングスクールでは3ヶ月学習、計240時間でそれを可能にします。

 

一方、一般的な英会話スクールで同じ時間をこなす場合だと4年以上もかかってしまう計算になるのです。

 

第二言語習得理論に沿った学習を挫折せずに必ず続けられる徹底サポート

 

コーチングスクールでは、第二言語習得理論に沿った英語学習はほぼ必須となります。

しかし説明した通り、楽ではありません。

 

そのため、かなり意志が強くなければほぼ挫折してしまうでしょう。

 

しかしコーチングスクールでは、専属コンサルタント(トレーナー)が、モチベーションを維持するためのサポートを徹底的にしてくれるので挫折せずに最後までやり遂げることができます。

 

卒業後でも自力で英語力を伸ばす学習方法が身につく

基本的に英語コーチングスクールの学習期間の相場は2~3ヶ月と短期間なので、

ネイティブレベルにまで英語が流暢になるとは限りません。

 

しかし、専属トレーナーのサポートにより正しい学習法と習慣を身につければ、卒業後も自力で英語力を伸ばす学習が続けられ、ネイティブレベルの英語習得も決して届かない目標ではなくなるのです。

 

おすすめの英語コーチングスクール

では、あなたの目的に応じておすすめの英語コーチングスクールを紹介していきたいと思います。

 

渡航までに1年の猶予があるなら間違いなく「トライズ」

 

渡航までに1年余裕があるなら、一気に複雑な議論が可能な英語レベルの習得を目指してみてはいかがでしょうか。

 

そのような場合は、間違いなくトライズがおすすめです。

 【トライズの特徴

①英語コーチングスクール唯一の圧倒的『1,000時間』学習

②ハイレベルな専属コンサルタント(TOEIC平均924点/VERSANT平均62.1点)

③充実の専属ネイティブ講師の英会話レッスン(週3回/計144回)

④フリートーク英会話レッスン受け放題

⑤オンライン完全対応

トライズの1番の特徴は、やはり圧倒的な学習時間です。

 

その他のコーチングスクールは、せいぜい2、3ヶ月なので、他のコーチングスクールでは到達できないレベルの英語習得を受講期間中にかなえることができるでしょう。

トライズを詳しく知りたい人はコチラ⇒

 

3ヶ月でできる限り英語を話せるようになりたいなら『ライザップイングリッシュ』

時間にあまり余裕はないから、完全ではなくても、とにかく短期間で英語でコミュニケーションが取れるようになりたいという人は、ライザップイングリッシュおすすめです。

 

ライザップイングリッシュの特徴

①圧倒的なアウトプット量

②英語を英語のまま理解できる「英語脳」養成トレーニング

③ネイティブ講師との実践トレーニング(24時間いつでもOK)

④日本人専属トレーナー

⑤オンライン完全対応

ライザップイングリッシュの1番の特徴は、とにかくアウトプットを重視して、英語を『話す』ということに特化しているということです。

 

また、講師も日本人なので初心者でも安心感がありますし、分からないことがあっても講師が日本人だと質問もしやすいので、途中でつまずくことも少ないと思います。

 

そのため、レッスン満足度専属トレーナー満足度が共に98%というのも納得です。

 

渡航先で英語でのコミュニケーションを重視する場合はこちらがオススメでしょう。

 

ライザップイングリッシュを詳しく知りたい人はコチラ⇒

 

受講後も自力で英語力をあげていける能力を身につけたいなら『プログリッド』

一度ぐんっと短期間で英語の総合力を底上げして、それから理想の英語レベル習得まで自力で駆け上っていける能力を身につけたければプログリッドがおすすめです。

 

プログリッドの特徴

①受講生の94%がビジネスパーソン

②第二言語習得理論をさらに独自に応用した最強プログラム

③採用率0.85%!ビジネス英語を知り尽くした専属コンサルタント

④学習管理アプリ・学習専用アプリの充実

⑤オンライン完全対応

プログリッドの最大の特徴は、講師陣が第二言語習得理論を知り尽くしたプロフェッショナルであることと受講後のサポートが充実していることです。

 

そのため、自分がどのようにしたら効率良く英語力を高めていけるかをしっかり受講生に落とし込んでくれるので、受講期間が終わっても、自力でどんどん英語力を高めていけますし、そのためのサポートも充実しているので、

将来的に英語を扱うつもりなら、今後自分にとって得られる価値は最も大きいのではないでしょうか。

 

また、数多くのビジネスパーソンが受講しているので、仕事をしながらでもしっかり時間を確保して目標達成を目指す人も非常に安心感があるのも特徴です。

 

もしクラウドソーシングで英語を扱うジャンルを扱う場合などはこちらが的しているかもしれません。

 

英語学習コンサルティング【PROGRIT(プログリット)】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました