逆にチャンス?イングリッシュビレッジを退会後に選ぶべき手段とは

イングリッシュビレッジ
  1. 『イングリッシュビレッジ』を退会したい!と思ったら…
  2. 再度確認!退会する前の注意点
    1. 退会する際の返金は入会金は含まれない
    2. 事務手数料がかかる
  3. あなたはイングリッシュビレッジをなぜ退会するの?辞める原因をあらためて理解しよう
    1. 特に決まったカリキュラムがない
    2. モチベーションを維持しづらい
    3. 講師を毎回必ず指定できるとは限らない
  4. 【目的別に解説】次にあなたが選ぶべき選択肢とは?
    1. コストを最小限に抑えながらモチベーションを維持するなら断然『スタディサプリ』
    2. イングリッシュビレッジでの不都合をことごとく補えるのは『トライズ』
      1. イングリッシュビレッジでの不都合を完全に補えるトライズの特長とは?
        1. 圧倒的な学習時間
        2. 受講生を挫折させないための徹底サポート
        3. 確実に決まったスケジュール通りにレッスンがうけられる
        4. 常に質の高い専属ネイティブ講師が固定でレッスンしてくれる
        5. 実はコストパフォーマンスも高い
      2. トライズはオンラインコースの受講生でも全国のスクールが利用可能
        1. スクールを利用するメリット
          1. フリースペースを利用した自習ができる
          2. セミナー・パーティーなどのイベントに参加できる
          3. 受け放題のフリートークレッスンを受講できる
        2. トライズのスクール一覧
          1. 東京(全9校)
          2. 神奈川(1校)
          3. 大阪(1校)
          4. 兵庫(1校)
          5. 愛知(1校)

『イングリッシュビレッジ』を退会したい!と思ったら…

イングリッシュビレッジは、

  • とにかくレッスン費用が他のスクールより圧倒的に安い
  • 自分のやりたいレッスンができる

というのが最大のメリットであり、非常に知名度と人気が高い英会話スクールです。

 

また、2020年現在コロナ渦においてオンラインでのレッスンが、通常のレッスンと全く同じ内容で受けられるのでしっかり時代に対応しています。

しかし、あなたが今このページを見ているということは、

 

「イングリッシュビレッジを退会したい!」

 

そう思っているのではないでしょうか?

 

 

退会する方法は非常に簡単です。

 

イングリッシュビレッジの窓口に直接退会する意思を伝えて、手続きをするだけです。

 

しかし『退会』となると、なぜか躊躇していますよね?

 

おそらく心のどこかで、今まで少なからず頑張って積み上げてきたものが無くなってしまうような気がして、ついつい気が引けてしまうのかもしれません。

 

ですが、決して心配する必要はありません。

 

とくに引き止められるということもありませんし、

むしろ、イングリッシュビレッジのスタイルが自分に合わず、何かしらの不都合が起きたことが原因で退会するわけなので、それを教訓に成功に向けて次へのステップを踏み出すための良いきっかけになるのです。

taison
taison

再び自分に、いろんな選択肢が与えられたということです。プラスに考えましょう。

 

大事なのは、イングリッシュビレッジが自分にとってどのように不都合だったのかを明確に理解して、

 

次こそは必ずその「欠点を確実に補える方法を見つけ出す

 

ということなのです。

 

もしあなたが、今度こそ英語をマスターして人生を変えたいと思っているならば、ぜひこれからお伝えすることを参考にしてみてください。

 

再度確認!退会する前の注意点

解約すること自体は非常に簡単ですが、注意点・知っておくべき点があります。

 

退会する際の返金は入会金は含まれない

イングリッシュビレッジでは、退会するとまだ消化しきれていない未消化のレッスン代が返ってきます。

しかし、当たり前といえばそうですが、あくまでも返金されるのはレッスン費に関して。

入会金までは戻ってこないので、そこは理解しておきましょう。

 

事務手数料がかかる

また、イングリッシュビレッジでは、退会する際に事務手数料5,000円かかります。

 

つまり、未消化分のレッスン代から手数料5,000円を差し引いた額が返金されるということになります。

 

その分はしっかり考慮しておきましょう。

 

あなたはイングリッシュビレッジをなぜ退会するの?辞める原因をあらためて理解しよう

あなたはなぜイングリッシュビレッジを退会しようと思ったのでしょうか?

 

きっと、必ず英語を習得するために一生懸命学習に取り組みたい強く思っているからこそ、スムーズにことが進まず、もどかしさや不満が出てきたのだと思います。

 

あらためて退会しようと思った理由を思い返してみて下さい。

 

もし当てはまるなら、最後まで読み進めて損はないと思います。

 

特に決まったカリキュラムがない

イングリッシュビレッジでは、とくに決まったカリキュラムもなければ、決まった教材もないのが特徴です。

つまり、全ては自分が何をどう学びたいか次第。

 

自由度が高いという意味では、メリットともとれますが、

 

今から英語を学ぼうという人、もしくはまだ右も左も分からず、とりあえず受講してしまった初心者からすると、決まったカリキュラムや教材がないのは非常に困ることでしょう。

 

英語初心者は、漠然と最終目標のイメージはあるでしょうが、

何をどのように学習していけばいいのか全く分からない状態です。

 

そのような状態で、「カリキュラムは自由ですよ」と言われても戸惑ってしまうだけで、ただなんとなく会話をするだけの内容のないレッスンになってしまうのです。

 

正直言ってお金の無駄です。

 

そのため、最初から道筋を立ててもらった方が効率が良いということに気付いた人は、

カリキュラムがないイングリッシュビレッジは不向きと言えるでしょう。

 

次の選択肢を検討すべきです。

 

モチベーションを維持しづらい

イングリッシュビレッジは、レッスンの費用が他の大手英会話スクールに比べ、圧倒的に低価格なのが特徴ですが、

 

やはり、その分サポート体制が不十分と感じることが多々あります。

 

英語を学習する上で、モチベーションを維持するには、

  • 自分の目的に合った明確な目標設定
  • 英語が上達しているという実感が湧くこと
  • 学習が行き詰まった際のアドバイスや心のケア
  • 初心者が知らない効率が良い学習の仕方を知ること

 

などを提供できるサポート体制が必要不可欠ですが、イングリッシュビレッジでは、そのサポートがないのです。

 

そのため、自分は英語初心者で、なかなか学習を継続していくのに自信がないという人は、向いていないのかもしれません。

 

次の選択肢を検討しましょう

 

講師を毎回必ず指定できるとは限らない

イングリッシュビレッジでは、同じ講師の指名は基本的に可能です。

 

しかし、講師側にもスケジュールがあるので必ず自分のスケジュールと合致するというわけではないのです。

 

苦手な講師に当たり、その講師の対応が気に食わないということはなかったでしょうか?

 

イングリッシュビレッジの講師陣がいくら優秀と言われているにしても、講師一人一人に対応にムラがあったり、質の差が大きい場合があるのです。

 

そのため、苦手な講師に当たってしまうことも少なくありません。

 

もし常に自分の都合に合わせて同じ講師からレッスンを受けたいという思いががあるならば、早急に辞めるべきです。

 

そして次に繋げましょう。

 

【目的別に解説】次にあなたが選ぶべき選択肢とは?

上記のようにイングリッシュビレッジでは、あまり思うような結果が得られなかった。

もしくは、もっと効率よく英語を学びたいと思っているなら、

次こそ失敗しないように、どのような方法で英語を学べばいいのか、自分に合ったものをしっかり見極めていきましょう。

 

コストを最小限に抑えながらモチベーションを維持するなら断然『スタディサプリ』

やはりイングリッシュビレッジを受講していたということは、レッスンの料金の安さに惹かれたという部分も大きいでしょう。

 

そのため、「コストはできるだけ抑えたい!」

 

という気持ちは強いはずです。

 

そこで、最大限にコストを抑えつつモチベーションも維持するとなると、

 

やはりオススメなのは、CMでもお馴染みの『スタディサプリEnglish』です。

これは、英会話スクールではなく、スマホやパソコンでアプリを簡単にダウンロードして自主的に学習していくタイプの方法ですが、おそらくこの方法が最もコストをかけずに、モチベーションも保ちながら英語を習得できる方法だと思います。

taison
taison

『スタディサプリ』は、あの就職支援などでは最大手のリクルートが作成しているアプリなので、自主学習でも続けやすく、挫折しないように様々な機能が充実していますよ!

『スタディサプリEnglish』には、

  • 日常英会話コース
  • ビジネス英語コース
  • TOEIC対策コース(ベーシック)
  • TOEIC対策コース(パーソナルコーチング)

の4つのコースがありますが、今回はその中でも最も一般的な日常英会話コースを紹介します。(※もちろん他のコースもかなり安い料金となっています。)

 

スタディサプリEnglishの日常英会話コースの価格は以下の通りです。

支払いプラン 価格
毎月払い 月額1,980円(税抜)
6カ月プラン 一括10,680円(税抜)

月あたり1,780円(税抜)

3,000円キャッシュバック
実質 一括7,680円(税抜)

→実質 月あたり1,280円(税抜)

12カ月プラン 一括23,760円(税抜)

月あたり1,980円(税抜)

7,200円キャッシュバック
12カ月パック割4,200円
実質 一括11,760円(税抜)

→実質 月あたり980円(税抜)

日本人が英語習得するには、最低でも1,000時間の学習が必要とされています。

 

それをふまえると、

 

もし毎日約3時間の学習を欠かさず行えば…

→約12カ月(1年)で1,000時間達成

➡︎つまり単純計算で、12カ月プラン適応で11,760で英語習得が可能!

もし毎日約1時間の学習しかできなくても…

→約36カ月(3年)で1,000時間達成

➡︎つまり単純計算で、12カ月プランを3回で35,280円で英語習得が可能!

ということになります。

 

正直言って安過ぎです…

 

taison
taison

思い出してみてください。イングリッシュビレッジもかなり安いですが、1レッスンだけで約2,100円でしたよね?

 

もし、本当にこれで英語の習得が可能ならば、どんな英会話スクールよりも圧倒的に安く英語を習得できるのです。

 

料金が安いということ以外にも、

  • 気軽に始められる
  • 忙しくても隙間時間にどこでも学習可能
  • 飽きにくい内容になっている
  • 自分のトータルの学習時間が表示される

など様々なメリットがあるので、モチベーションも保ちやすくなっているので、1度無料体験からでも試してみて損はないと思います。

\その他のコースもチェック/

 

イングリッシュビレッジでの不都合をことごとく補えるのは『トライズ』

  • 最初から目標達成に向けたカウンセリング・カリキュラム作成
  • モチベーションの維持
  • 常に固定で最後まで寄り添ってくれる講師

 

これは、イングリッシュビレッジが不足している分野でしたね?

 

それに加えて、コストパフォーマンス良さまで

 

全ての問題を解決してくれるのが

 

英語コーチングスクールです。

 

英語コーチングスクールは次のようなメリットがあります。

  • 1人1人の細かな状況に合わせた完全カスタマイズのカリキュラムで学習効率が格段に上がる
  • どんなに忙しくても膨大な学習時間を確実に確保できる
  • 挫折しそうでも、必ず続けられる徹底サポート付き
  • 英語習得のための正しい勉強の仕方を教えてくれる

 

●完全カスタマイズのカリキュラムで学習効率が格段に上がる

英語を習得する上で、忘れてはいけないのは、人それぞれ「英語習得の目的」や「目標」も違えば、「得意分野」や「苦手分野」もすべて異なります。

コーチングスクールならこの全てを把握して1人1人に最も適した内容を考え、カリキュラムを完全カスタマイズして提供してくれるのです。

 

●忙しくても膨大な学習時間を確実に確保できる

英会話スクール コーチング系
学習時間 月に約4時間程度
(週1時間)
月に約80時間
(1日2~3時間)

一般的な英会話スクールと英語コーチングスクールの英語の学習時間の差は歴然で、

その差はなんと驚愕の約20倍です。

社会人の英語習得には約2,000時間が必要という研究があります。コーチングスクールの3ヶ月240時間でもまだまだ足りないのですが、一般的な英会話スクールだと4年以上もかかってしまいます。

 

●挫折しそうでも、必ず続けられる徹底サポート

英語コーチングスクールの英語学習は、説明した通り、膨大な学習時間をこなす必要があります。

冒頭で述べたように独学ならほぼ100%挫折してしまうでしょう。

しかし、コーチングスクールは専属コンサルタント(トレーナー)が、細やかな心のケアやモチベーションの維持などを徹底的に行いサポートしてくれるので挫折せずに最後までやり遂げることができます。

 

●卒業後でも自力で英語力を伸ばす学習方法が身につく

英語コーチングスクールに通って、2~3ヶ月で英語力が劇的に向上するのは間違いありませんが、ネイティブレベルに英語が流暢になるというわけではありません。

しかし、専属トレーナーのサポートにより正しい学習法と習慣を身につければ、卒業後も自力で英語力を伸ばす学習が続けられ、ネイティブレベルの英語習得も決して届かない目標ではなくなるのです。

 

英語学習は正しいスクールの選択で上達スピードが格段に上がります。

英会話スクールに、ただ通い続けるよりも、

楽ではなくても、短期間で正しくコーチングしてもらえるスクールに出会うことは、人生を変える大きなきっかけとなるはずです。

 

その英語コーチングスクールの中でも

トライズ』が断然おすすめです。

 

トライズ通常の通学コースもありますが、オンラインコースも通学時の同じ学習プログラムが受けることができるので、

すべてネットで作業を進めることができることからもコロナウイルス対策も万全です。

 

イングリッシュビレッジでの不都合を完全に補えるトライズの特長とは?

では、トライズはどのようにイングリッシュビレッジの不都合を補えるのか詳しく見ていきましょう。

 

圧倒的な学習時間

トライズでは、1年間で1000時間という膨大な時間の英語学習を行います。

内容は、

・ネイティブ講師による受け放題のフリートークレッスン

 

・週3回の固定レッスン

・「スピーキング」と「リスニング」の学習を週6回

 

これらを1年で合計1000時間です。

 

taison
taison

月で言うと約80時間

週では約20時間1日約3時間という計算になりますね。

 

この1000時間というのにはしっかりとした根拠があります。

 

日本人の英語習得には2200~2500時間が必要ということが明らかにされています。

taison
taison

アメリカ国務省付属機関FSIの調査では、日本人が英語習得に必要な時間は2200時間

同志社大学教授の稲垣 俊史氏の論文では2500時間

必要ということが明らかになっているそうです。

では、なぜ1000時間の学習でいいのかというと、

 

思い返してみると、英語習得に必要な2200〜2500時間の学習時間うち、約1200時間ほどはすでに今までの中学・高校の英語学習で受けているのです。

 

つまり正確には、社会人の私たちが英語を習得するまでに必要な時間は残りの1000~1300時間ということです。

 

ただ、日本人が英語習得に必要な2200時間という数字は、あくまでもアメリカのエリートが専門期間で効率的に學習をした上での実績データなので、

実際は3000時間以上は必要となってしまうことは否めません。

taison
taison

つまり本来ならば、1000時間ではなく、学生時代の学習時間を除いた残り1800時間〜2100時間は英語習得に必要ということになりますね。

 

この根拠をふまえると、1000時間という時間は、

最低でも必要な学習時間

ということが言えるのです。

 

トライズは、長年の実績からエリートではなくてもその最小限の学習時間で英語習得を可能にするノウハウを構築してきました。

 

だからトライズは、1000時間なのです。

 

この事実を知ると、学習時間の意味が分かるでしょう。

taison
taison

イングリッシュビレッジのレッスンだけでは到底こなせない学習量ですね。

受講生を挫折させないための徹底サポート

イングリッシュビレッジは、モチベーションが維持しづらいと説明しましたが、

トライズはさらに1000時間という膨大な学習時間となるので、通常ならイングリッシュビレッジ以上にモチベーションの維持は簡単ではありません。

 

そこで、トライズでは簡単に挫折してしまわないように受講者1人1人に専属コンサルタントとネイティブ講師がダブルでサポートするという充実したサポート体制が整っています

これにより継続率は驚異の91%を誇ります。

 

専属コンサルタントのサポート

主に専属コンサルタントは、受講者の日頃の生活スタイル・英語力のレベルなどを細かく分析して、一緒に学習計画表を作成します。

上の表のように1人1人の通勤や休憩、家事、お風呂などのスキマの時間を活用して無理なく1日の中で3時間分の学習できるように、完全カスタマイズしてくれるのです。

また、プログラムが予定通り進んでいないときも、さらに調整を加えたり、受講生の疑問や悩みにしっかり答え的確なアドバイスをくれることもあります。

 

ネイティブ講師のサポート

主にネイティブ講師は、コミュニケーションストラテジーを鍛える実践的トレーニングなどを担当します。

taison
taison

コミュニケーションストラテジーとは、自分の言語能力の不足を補って会話をやり過ごすために学習者が用いる方略のことです。

その方法として、

①表現できない言葉・話題を避ける「トピック回避」

②似た表現や別の単語を組み合わせて表現するなどの「言い換え」

③「ジェスチャー」

④直接ネイティブにどう表現するのか会話の中で質問する「助言要請」

などがあります。

私たちはどうしても第二言語を習得していく際に、学習しきれていない表現や単語に必ず遭遇します。

 

そのため、英語での会話の中でどうしても表現できない言葉、話題という壁にぶち当たるのです。

 

トライズでは、このネイティブ講師との実践的かつ質の高いレッスンにより、この言語能力の不足を補うコミュニケーションストラテジーを確実に身につけることができるのです。

 

【専属コンサルタント×ネイティブ講師の連携サポート】

トライズの専属コンサルタントとネイティブ講師は受講者の学習状況や弱点、悩みなどを常に情報共有しており、その都度悩みや弱点克服のためのプログラムに瞬時に切り替え、レッスンにすぐに反映させることが可能なのです。

 

そのため、レッスンが日本語NGだったとしても安心してレッスンを受けることができるのです。

 

この徹底的な2人の管理サポートによりモチベーションを下げることなく、高い学習継続率を保っているのです。

 

確実に決まったスケジュール通りにレッスンがうけられる

トライズでは、先程説明した通り専属コンサルタントとネイティブ講師の連携がとれているので、受講生のスケジュールを1人1人の生活スタイルに合ったスケジュールを完全カスタマイズしてくれます。

そのため、わざわざ予約もする必要がなく、

自分の負担が少ない日や時間でレッスンを毎回確実に受けることができるのです。

 

また、受講生の学習状況も講師側は常に把握しているため、常に自分のレベルに合ったレッスンが受けられるのも特徴です。

これも専属コンサルタントとネイティブ講師の連携がしっかり取れているからこそできることなのです。

 

常に質の高い専属ネイティブ講師が固定でレッスンしてくれる

イングリッシュビレッジでは、皆質の高い講師ではありますが、1人の講師を指定することが難しく、苦手な講師に当たってしまうことも少なくありませんでした。

 

一方、トライズなら、常に「英語を教える」ことに特化し、トレーニングを積んだ実績のある専属ネイティブ講師のみが、予約なし固定でレッスンをしてくれるのです。

 

そのため学習効率は、イングリッシュビレッジの比ではありません。

 

実はコストパフォーマンスも高い

料金はどうでしょう。

 

トライズの料金は以下の通りです。
受講料(期間1年の総額) 108,000円/月× 12
1日あたりの受講料 約3,888円
コンサルティング費 185,000円
入会金 50,000円
合計 1,531,000円

総額見ると150万円を超え、ノリで受けてみようという額ではありません。

 

では、再び大手の英会話スクールと比較するとどうでしょうか?

 

レッスン数 入会金 受講料
トライズ 141回 5万円 1,296,000円
GABA 45回 3万円 319,500円
イーオン 40回 3万円 309,000円
ベルリッツ 40回 280,000円
シェーン英会話 40回 2万円 240,000円
NOVA 40回 なし 222,220円
ECC外語学院 40回 2万円 191,640円

大手英会話スクールの一般的なコースは表の通りです。

 

ほとんどが月に4回×40分のレッスンを10ヵ月程度という内容で、料金は約20万〜30万円となります。

これでもけっこうな料金になると感じるでしょうが、その中でも100万円を超えるトライズは、やはりかなり高額な料金に感じます。

 

ただ、大手の英会話スクールとトライズとでは、学習形態が全く違います。

 

大手の英会話スクールは週に1〜2回のみのレッスンであるのに対し、トライズでは週3回の計141回ものオンラインレッスンに加え、日々の学習にも常にコンサルタントの管理がついているため、週3回どころか毎日の学習指導と言えます。

 

そこで、今度は1日あたりの料金を比較してみましょう。

1日あたりの料金
トライズ 3,888円
ベルリッツ 8,000円
GABA 7,100円
イーオン 7,725円
シェーン英会話 6,000円
NOVA 5,555円
ECC外語学院 4,791円

 

こうしてみると、1日あたりの料金では、トライズが断トツで安いことが分かります。

taison
taison

しかも、トライズではキャンペーンも実施中なので、総額から30万〜40万円も割引されるのでさらにお得になります。

詳しくは公式サイトで確認

 

イングリッシュビレッジのレッスン単価は2,000円程度なので、

さすがにそれよりは高いですが、様々なサービスがついてこの額です。

 

確かに一度に支払う金額は大きいですが、マンツーマンのコーチングプログラムを1年も受けられるのはトライズだけです。

 

ただ期間が長いだけではダラけるだけで全く英語が身に付きませんが、コンサルタントの徹底管理がある中での長い学習は、短期間で一気に身につけたものに比べ英語の定着率が格段に上がり、忘れにくくなるのです。

 

せっかく英語を習得するのなら、短期間で一時的に英語を話すためではなく、長期間みっちり学習し、第二言語として今後長く話していくための投資をしてみてはいかがでしょうか?

↓↓↓分割払いも低金利!↓↓↓

まずは無料カウンセリングで目標を明確にする⇒

トライズはオンラインコースの受講生でも全国のスクールが利用可能

オンライン受講生も全国にあるトライズのスクール施設を利用することも可能です。

 

スクールを利用するメリット

可能な人は、実際にスクールに行ってみることも非常にオススメです。

スクールで得することは以下のことです。

 

フリースペースを利用した自習ができる

フリースペースで自習をすることで他の受講生が勉強しているのをみて刺激を受けることもできます。

 

セミナー・パーティーなどのイベントに参加できる

ここでは、他の受講生と様々なコミュニケーションをとる機会もあり互いに刺激し合うことができます。

 

受け放題のフリートークレッスンを受講できる

通常のレッスン以外に、フリートークでも学ぶことはたくさんあります。むしろ、フリートークこそ実践的なレッスンかもしれません。

これが受け放題です。

これもトライズの強みと言えるでしょう。

 

また、ご都合のついた日だけ、

普段オンラインで行っている専属コンサルタントとの面談をスクールで対面で実施することもできます。

 

トライズのスクール一覧

トライズの全スクールは以下から確認しましょう。

大阪(1校)
兵庫(1校)
愛知(1校)

↓↓実際のスクールにもメリット多数!↓↓

実際に行きたいスクールで申し込んでみる⇒

 

いかがでしょうか?

もし、イングリッシュビレッジを辞めた後どうすればいいか漠然としているなら

新たにトライズ』を検討してみましょう。

 

そこで、あなたの状況や目的、英語を喋れるようになったらやりたいことなど、どんな細かいことでも全て伝えてみてください。

優秀なコンサルタントが親身になって一緒に目標を立ててくれるので、躊躇はするかもしれませんが、まずは無料カウンセリングから英語習得への一歩を踏み出してみましょう。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました