DMM英会話を今選んで大丈夫?知っておくべきデメリットとは

DMM英会話

DMM英会話は、NOVAやイーオン、ECC外語学院などの大手英会話スクールと並んで、知名度の高い人気のオンライン英会話です。

 

今から英語を身につけたいという人は、必ず目にしたことがあると思います。

 

口コミでも評判が良いものが多く、ランキングなどでも常に上位で、非常に英会話力の上達が期待できます。

 

しかし、

 

安いけど何か裏があるんじゃないか?など

 

周りの評価だけを信用しきれない人もいるのではないでしょうか?

 

特に、もともと英会話スクールに通っていたけど、あまり成果が出せなかった人、

もしくは英語初心者で、変なスクールを選んで失敗をしたくない

 

という人はなおさらだと思います。

 

 

そこで、今回はそんな人のためにDMM英会話の決定的なデメリットをお伝えしようと思います。

 

  1. DMM英会話の特長とは?
    1. 登録されている講師の人数・国籍の種類は断トツNo. 1
    2. 【年中無休】24時間365日いつでもレッスン可能
    3. とにかく料金が安い
    4. 選べる教材の数は驚きの9000超え
    5. 「入会」「予約」すべてネットで行える
  2. そもそもあなたはDMM英会話のデメリットを知る段階?
  3. DMM英会話の決定的なデメリットとは?
    1. 人気講師はなかなか予約が取れない
    2. 常に同じ講師のレッスンを受けるのは難しい
    3. 6500人以上もいる講師の中からお気に入りの講師を見つけ出さなければならない
    4. 英語がネイティブの講師のレッスンは割高プランになってしまう
    5. ただレッスンを受けるだけでは上達しない
    6. 期間の上限がないため、モチベーション維持ができないことがある
    7. 教材が多すぎて自分に適したもの選ぶのが大変
  4. DMM英会話のデメリットを完全に補えるおすすめのスクールは『トライズ』
    1. DMM英会話のデメリットを完全に補えるトライズの特長とは?
      1. 圧倒的な学習時間
      2. 受講生を挫折させないための徹底サポート
        1. 専属コンサルタントのサポート
        2. ネイティブ講師のサポート
        3. 専属コンサルタント×ネイティブ講師の連携サポート
      3. 確実に決まったスケジュール通りにレッスンがうけられる
      4. 常に質の高い専属ネイティブ講師が固定でレッスンしてくれる
      5. 実はコストパフォーマンスも高い
  5. トライズはオンラインコースの受講生でも全国のスクールが利用可能
    1. スクールを利用するメリット
      1. フリースペースを利用した自習ができる
      2. セミナー・パーティーなどのイベントに参加できる
      3. 受け放題のフリートークレッスンを受講できる
      4. トライズのスクール一覧
        1. 東京(全9校)
        2. 神奈川(1校)
        3. 大阪(1校)
        4. 兵庫(1校)
        5. 愛知(1校)

DMM英会話の特長とは?

デメリットをデメリットとして判断するには、まずメリットとも言える特長を知っておく必要があります。

 

しっかり確認しておきましょう。

 

DMM英会話のメリット

①登録されている講師の人数・国籍の種類は断トツNo. 1

②【年中無休】24時間365日いつでもレッスン可能

③とにかく料金が安い

④教材の数は驚きの8000超え

⑤「入会」「予約」「キャンセル」すべてネットで行える

 

登録されている講師の人数・国籍の種類は断トツNo. 1

DMM英会話に登録されている外国人講師は、英語を母国語とするネイティブを含めなんと6500人以上。国籍も132カ国と多種多様です。

 

もちろん、英語を母国語とするネイティブ講師を希望する人が大半だとは思いますが、

数多くの講師を選択してレッスンを受ければ、「飽きる」ということがなく、様々な国の文化に触れながら英語を学ぶこともできるので、異文化交流を深めたい人にとってはこの上ないメリットだと思います。

 

【年中無休】24時間365日いつでもレッスン可能

これは最大のメリットと言ってもいいでしょう。

人それぞれ学習したい時間、もしくは学習に使える時間は違います。

 

早朝だろうが、深夜だろうが予約さえ取れればいつでもレッスンが受けられるのです。

 

そのため、仕事が不定期で決まった時間に学習できないという人にとっては非常に助かるシステムと言えます。

 

とにかく料金が安い

DMM英会話の料金は、

『スタンダードコース』『プラスネイティブコース』の2つのコースで料金が異なります。

詳細は以下の通りです。

スタンダード 月額 1レッスンあたり
1日1レッスン 6,480円(税込) 209円
1日2レッスン 10,780円(税込) 174円
1日3レッスン 15,180円(税込) 163円
プラスネイティブ 月額 1レッスンあたり
1日1レッスン 15,800円(税込) 510円
1日2レッスン 31,200円(税込) 503円
1日3レッスン 45,100円(税込) 485円

英語を母国語とするネイティブ講師からレッスンが受けられる『プラスネイティブコース』は若干割高になりますが、

 

スタンダードコースであれば、1レッスンあたりペットボトルを一本買う程度の金額で受けることができるのが分かります。

 

大手英会話スクールとも比較してみましょう。

スクール名 レッスン数 月あたりの料金
DMM英会話 毎日 6,480円
ECC外語学院 月4回 20,300円〜
NOVA 月4回 24,444円
GABA 月8回 57,388円

他と違って毎日レッスンが受けられるにもかかわらず、料金は圧倒的に安いのが一目で分かります。

 

そのため、出来るだけ手軽に、お財布にも負担をかけずに学習できるので、料金は出来るだけ安いものを最優先に選ぶ人は、間違いなく『DMM英会話』を選ぶべきです。

 

選べる教材の数は驚きの9000超え

DMM英会話では、レベルごとに用意された9,397をも超える膨大な全教材の中から好きなものを選ぶことができます。

 

9,000もあれば、自分に適した教材はほぼ100%見つけることができるでしょう。

また、それぞれの英語レベル別に選べるようになっているので、超初心者から上級者まで幅広く対応できるようになっています。

 

「入会」「予約」すべてネットで行える

通常英会話スクールに入会する際、直接スクールに出向いて手続きをしなければならない場合もあったり、最初にカウンセリングを受けて方向性を決めていくというパターンも少なくありません。

 

しかし、DMM英会話は、すべての作業がオンラインとなっています。

 

そのため、手続きから予約関連まですべてネットで行えるので、忙しい人や家が田舎で不便という人も直接スクールへ出向くことなくスムーズに手続きが行えるのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

そもそもあなたはDMM英会話のデメリットを知る段階?

DMM英会話の特長がどんなものか大体分かったと思います。

 

次はデメリットですが、

デメリットを知る前に、まず私が最初にお伝えしておきたいことがあります。それは、

 

英語はどのスクールを選んでも上達する

 

ということです。

taison
taison

そうでなければ、どの英会話スクールもとっくの昔に潰れているはずですよね?

 

成功している人がいるからこそ英会話スクールが成り立っているんですから。

 

 

要するに、様々なスクールの評判や欠点などをあれこれ調べて迷うより、直感でこれ!と決めたスクールがどのスクールであれ、

 

自分の英語学習に対する姿勢、努力、工夫次第で上達は必ずできるのです。

 

もちろんあなたが今調べている『DMM英会話』も結果が出ないことなんてあり得ません。

 

では、なぜいろんな口コミや評判を見たり、迷ったりするのか…

 

それは、誰しもが「できるだけ苦労はしたくない」これが根底にあるからです。

 

嫌な思いをしながら学習したくないのは当然です。

 

そのため、あれこれ自分に都合の悪い情報が少しでも少ない英会話スクールを探そうとあれこれ調べて迷うのです。

 

しかし、いろいろリサーチを行なっているところに、水を差すようですが、

どのスクールを見てもデメリットがないスクールは存在しません。

 

これは断言できます。しっかり理解しておきましょう。

 

ただ単純に楽をして英語を身につけたいとあなたが思っているのなら、それぞれスクールの欠点ばかりが気になって永遠に自分に合った英会話スクールをみつけることはできないでしょう。

 

大事なのは、苦労を最小限に抑えるために

 

  • 自分の目指す英語がどれぐらいのレベルなのか
  • 自分が英語を身につけたら何をしたいのか
  • 仕事など自分の生活スタイルに合わせられるかどうか
  • 自分の予算はどれぐらいか
  • 自分が勉強をする上での弱点は何か

 

などをしっかり理解できているかどうか、

そしてこれらの中で妥協できる優先順位をつけるということです。

 

最低でもこれらのことぐらいは明確にしておきましょう。

 

どんなスクールでも上達できる人がいるのはこれらの条件がマッチしたスクールをその人が選べているからなのです。

 

まずは自分をしっかり知ることからです。

そうすれば、スクール選びも格段に進んでいくと思います。

 

説教じみたつまらない前置きが長くなりました。すいません(^^;;

 

ではそれを踏まえた上で、以下のデメリットを見てみましょう。

 

DMM英会話の決定的なデメリットとは?

では、本題です。

DMM英会話のデメリットを詳しく見ていきましょう。

 

DMM英会話のデメリット
①人気講師はなかなか予約が取れない
②常に同じ講師のレッスンを受けるのは難しい
③6500人以上もいる講師の中からお気に入りの講師を見つけ出さなければならない
④英語がネイティブの講師のレッスンは割高プランになってしまう
⑤ただレッスンを受けるだけでは上達しない
⑥期間の上限がないため、モチベーション維持ができないことがある
⑦教材が多すぎて自分に適したもの選ぶのが大変

 

人気講師はなかなか予約が取れない

おそらくDMM英会話に入会したら、自分がどんな講師に当たるのか気になるところです。

 

そこで、ほとんどの人が一度は「どの講師が人気なんだろう?」と評判を探すのではないでしょうか。

 

ですが、誰もが支持する人気講師は当然ながら予約でいっぱいです。

 

ほぼ予約はできないと思っていた方がいいでしょう。

 

仮に運良くその講師に当たったとしても、次回当たるのはいつになることやら…です。

 

常に同じ講師のレッスンを受けるのは難しい

確かに、DMM英会話は様々な講師のレッスンを受けられるので飽きにくいというメリットはありますが、

 

英語を効率よく学習するという意味では、

やはり自分の状況を出来るだけ把握していもらうために同じ講師のレッスンを続けて受けた方が断然効率的です。

 

しかし、DMM英会話は多数の受講生が様々なタイミングで予約を入れるため、毎回同じ講師の予約はなかなか取りにくいのが現状です。

 

そのため、出来るだけ早く効率的に英語を上達させたいという人にとっては、なかなかやっかいなデメリットと言えるでしょう。

 

6500人以上もいる講師の中からお気に入りの講師を見つけ出さなければならない

毎回同じお気に入りの講師のレッスンを受けるのが難しいならば、その対策として、自分に合った講師をできるだけ多く見つける必要があります。

 

ですが、講師の数は6500人です。運が良ければすぐに見つかる可能性はありますが、

 

この膨大な人数の中から、何人も自分に合った講師を見つけるのは至難の技です。

 

見つかるまでは、いろんな講師を試しに受け続けなければならないので、結果的に効率の悪い英語学習となってしまうのです。

 

英語がネイティブの講師のレッスンは割高プランになってしまう

英語学びたい人なら、誰しもが英語が母国語の『アメリカ』『イギリス』『カナダ』などの出身のネイティブ講師からレッスンを受けたいはずです。

 

しかし、DMM英会話では特長でも述べたように英語が母国語のネイティブ講師のレッスンを選ぶためには、割高コースの『プラスネイティブコース』を選択しなければなりません。

 

安さで定評のあるDMM英会話ですが、やはりただ安いというわけではないのです。英語ネイティブの講師にこだわりがある人にとっては決定的なデメリットと言えます。

 

ただ、基本的にスタンダードコースの講師で最も多い国籍は『フィリピン』です。

 

フィリピンも英語が堪能な国なので、発音も申し分ありません。

 

あまりこだわりが無いという人は、苦にはならないでしょう。

 

ただレッスンを受けるだけでは上達しない

英語を最も早く上達させるには、ただレッスンを受けてその場で理解すればいいわけではありません。

 

しっかりと学んだことを定着させなければ、すぐに頭から抜けてしまい数ヶ月先には忘れてしまうことも多々あるでしょう。

 

大事なのは、英語に限らず「予習」と「復習」、そして「自分の苦手分野の把握」です。

 

レッスン以外の時間も、自主的に、学んだことを忘れないために復習し、

次のレッスンの理解をスムーズなものにするために予習すること、

そして、その中で特に上達させるべき自分の弱点を見つけて克服するための自己分析をすること、

 

これが英語をしっかり定着させる上で最も重要な作業です。

 

また、DMM英会話は、1回25分レッスンです。

もし、1日1レッスンを1年間毎日欠かさず継続したとしても学習時間は約150時間

上限の1日3レッスンを毎日こなしたとしても、1年で約450時間にしかなりません。

日本人が英語を習得するには最低1000時間の学習が必要と言われているので、1年では学習時間が全然足りず、英語の習得は無理ということになります。

taison
taison

毎日欠かさずやってですよ?

質の高い講師と毎回レッスンができるか分からないという点も考えると、さらに目標の達成が難しくなってしまうかもしれません。

 

そういう意味でも、自主学習も絶対的に必要なのです。

 

ただ、DMM英会話は自主学習の範囲まで寄り添ってくれるということはありません。

 

最終的には、この工夫をどれだけ自主的にできるかにかかっているのです。

 

そのため、自分で学習計画を立てるのが苦手な人にとっては大きなデメリットとなるでしょう。

 

期間の上限がないため、モチベーション維持ができないことがある

DMM英会話は、「いつまでに英語が話せるようになる」

という期限がありません。

 

そのため、決まった月額を毎月払ってさえいれば、いつまででも受講することができるのです。

 

また、オンラインは自由度が高い分、

英語力が伸び悩んでいるとき

仕事が急に忙しくなった時

などに簡単に休めてしまうので、一人で英語学習を続けるにはモチベーションを保ち続けるのが非常に難しいのです。

 

スクールに通学することもないので、他の受講生との接触もなく、受講生同士で刺激して気持ちを高め合うということもできないのも一つの要因となるでしょう。

 

焦らずゆっくりと学習していけるというメリットはあるかもしれませんが、

長期間になればなるほどモチベーションを維持していくのが困難になってしまうのはやはりデメリットとなってしまいます。

 

そのため、自分に甘く、いつも途中でリタイアしてしまうような人にとってはあまり適していないシステムということになります。

 

教材が多すぎて自分に適したもの選ぶのが大変

講師と同様に教材の多さもDMM英会話の特長ですが、

 

これもまた、膨大な教材の中から自分で選ばなければなりません。

 

自分で学習計画が立てられない人にとっては、非常に大変な作業となるでしょう。

 

 

以上がDMM英会話のデメリットの数々です。

 

もし、自分に合っているメリットが多く、デメリットを知っても妥協できる要素があるならば、この『DMM英会話』を是非選んでください。

必ず結果は出ます。安心して申し込んでみて下さい。

さっそくDMM英会話の無料体験から始めよう
↓↓↓↓

 

ただ、どうしても妥協できない点などがあるならば、他のスクールを、選びましょう。

 

DMM英会話のデメリットを完全に補えるおすすめのスクールは『トライズ』

DMM英会話のデメリットを完全に補うには、自主学習まで徹底的に寄り添って指導してくれる『英語コーチングスクール』おすすめです。

 

特にその中でも、トライズ』が断然おすすめです。

 

トライズ通常の通学コースもありますが、オンラインコースも通学時の同じ学習プログラムが受けることができるので、DMM英会話と同じく、すべてネットで作業を進めることができることからもオンライン比較対象として分かりやすいと思います。

 

DMM英会話のデメリットを完全に補えるトライズの特長とは?

では、トライズはどのようにDMM英会話のデメリットを補えるのか詳しく見ていきましょう。

 

圧倒的な学習時間

トライズでは、1年間で1000時間という膨大な時間の英語学習を行います。

内容は、

・ネイティブ講師による受け放題のフリートークレッスン

 

・週3回の固定レッスン

・「スピーキング」と「リスニング」の学習を週6回

 

これらを1年で合計1000時間です。

 

taison
taison

月で言うと約80時間

週では約20時間1日約3時間という計算になりますね。

 

この1000時間というのにはしっかりとした根拠があります。

 

日本人の英語習得には2200~2500時間が必要ということが明らかにされています。

taison
taison

アメリカ国務省付属機関FSIの調査では、日本人が英語習得に必要な時間は2200時間

同志社大学教授の稲垣 俊史氏の論文では2500時間

必要ということが明らかになっているそうです。

では、なぜ1000時間の学習でいいのかというと、

 

思い返してみると、英語習得に必要な2200〜2500時間の学習時間うち、約1200時間ほどはすでに今までの中学・高校の英語学習で受けているのです。

 

つまり正確には、社会人の私たちが英語を習得するまでに必要な時間は残りの1000~1300時間ということです。

 

ただ、日本人が英語習得に必要な2200時間という数字は、あくまでもアメリカのエリートが専門期間で効率的に學習をした上での実績データなので、

実際は3000時間以上は必要となってしまうことは否めません。

taison
taison

つまり本来ならば、1000時間ではなく、学生時代の学習時間を除いた残り1800時間〜2100時間は英語習得に必要ということになりますね。

 

この根拠をふまえると、1000時間という時間は、

最低でも必要な学習時間

ということが言えるのです。

 

トライズは、長年の実績からエリートではなくてもその最小限の学習時間で英語習得を可能にするノウハウを構築してきました。

 

だからトライズは、1000時間なのです。

 

この事実を知ると、学習時間の意味が分かるでしょう。

 

受講生を挫折させないための徹底サポート

DMM英会話は、モチベーションが維持しづらいと説明しましたが、

トライズはさらに1000時間という膨大な学習時間となるので、なおさらモチベーションの維持は簡単ではありません。

 

そこで、トライズでは簡単に挫折してしまわないように受講者1人1人に専属コンサルタントとネイティブ講師がダブルでサポートするという充実したサポート体制が整っています

これにより継続率は驚異の91%を誇ります。

 

専属コンサルタントのサポート

主に専属コンサルタントは、受講者の日頃の生活スタイル・英語力のレベルなどを細かく分析して、一緒に学習計画表を作成します。

上の表のように1人1人の通勤や休憩、家事、お風呂などのスキマの時間を活用して無理なく1日の中で3時間分の学習できるように、完全カスタマイズしてくれるのです。

また、プログラムが予定通り進んでいないときも、さらに調整を加えたり、受講生の疑問や悩みにしっかり答え的確なアドバイスをくれることもあります。

 

ネイティブ講師のサポート

主にネイティブ講師は、コミュニケーションストラテジーを鍛える実践的トレーニングなどを担当します。

taison
taison

コミュニケーションストラテジーとは、自分の言語能力の不足を補って会話をやり過ごすために学習者が用いる方略のことです。

その方法として、

①表現できない言葉・話題を避ける「トピック回避」

②似た表現や別の単語を組み合わせて表現するなどの「言い換え」

③「ジェスチャー」

④直接ネイティブにどう表現するのか会話の中で質問する「助言要請」

などがあります。

私たちはどうしても第二言語を習得していく際に、学習しきれていない表現や単語に必ず遭遇します。

 

そのため、英語での会話の中でどうしても表現できない言葉、話題という壁にぶち当たるのです。

 

トライズでは、このネイティブ講師との実践的かつ質の高いレッスンにより、この言語能力の不足を補うコミュニケーションストラテジーを確実に身につけることができるのです。

 

専属コンサルタント×ネイティブ講師の連携サポート

トライズの専属コンサルタントとネイティブ講師は受講者の学習状況や弱点、悩みなどを常に情報共有しており、その都度悩みや弱点克服のためのプログラムに瞬時に切り替え、レッスンにすぐに反映させることが可能なのです。

 

この徹底的な2人の管理サポートによりモチベーションを下げることなく、高い学習継続率を保っているのです。

 

確実に決まったスケジュール通りにレッスンがうけられる

トライズでは、先程説明した通り専属コンサルタントとネイティブ講師の連携がとれているので、受講生のスケジュールを1人1人の生活スタイルに合ったスケジュールを完全カスタマイズしてくれます。

そのため、わざわざ予約もする必要がなく、

自分の負担が少ない日や時間でレッスンを毎回確実に受けることができるのです。

 

また、受講生の学習状況も講師側は常に把握しているため、常に自分のレベルに合ったレッスンが受けられるのも特徴です。

これも専属コンサルタントとネイティブ講師の連携がしっかり取れているからこそできることなのです。

 

常に質の高い専属ネイティブ講師が固定でレッスンしてくれる

DMM英会話では、質の高い講師は予約が埋まるのも早く、なかなかレッスンを受けることができません。

 

一方、トライズなら、常に「英語を教える」ことに特化し、トレーニングを積んだ実績のある専属ネイティブ講師のみが、予約なし固定でレッスンをしてくれるのです。

 

そのため学習効率は、DMM英会話の比ではありません。

 

実はコストパフォーマンスも高い

料金はどうでしょう。

 

トライズの料金は以下の通りです。
受講料(期間1年の総額) 108,000円/月× 12
1日あたりの受講料 約3,888円
コンサルティング費 185,000円
入会金 50,000円
合計 1,531,000円

総額見ると150万円を超え、ノリで受けてみようという額ではありません。

 

では、英会話スクールと言えばすぐに頭に浮かぶ大手の英会話スクールと比較するとどうでしょうか?

 

レッスン数 入会金 受講料
トライズ 141回 5万円 1,296,000円
GABA 45回 3万円 319,500円
イーオン 40回 3万円 309,000円
ベルリッツ 40回 280,000円
シェーン英会話 40回 2万円 240,000円
NOVA 40回 なし 222,220円
ECC外語学院 40回 2万円 191,640円

大手英会話スクールの一般的なコースは表の通りです。

 

ほとんどが月に4回×25分のレッスンを10ヵ月程度という内容で、料金は約20万〜30万円となります。

これでもけっこうな料金になると感じるでしょうが、その中でも100万円を超えるトライズは、やはりかなり高額な料金に感じます。

 

ただ、大手の英会話スクールとトライズとでは、学習形態が全く違います。

 

大手の英会話スクールは週に1〜2回のみのレッスンであるのに対し、トライズでは週3回の計141回ものオンラインレッスンに加え、日々の学習にも常にコンサルタントの管理がついているため、週3回のみならず毎日の学習指導と言えます。

そこで、今度は1日あたりの料金を比較してみましょう。

1日あたりの料金
トライズ 3,888円
GABA 7,100円
イーオン 7,725円
ベルリッツ 7,000円
シェーン英会話 6,000円
NOVA 5,555円
ECC外語学院 4,791円

 

こうしてみると、1日あたりの料金では、トライズが断トツで安いことが分かります。

taison
taison

しかも、トライズではキャンペーンも実施中なので、総額から30万〜40万円も割引されるのでさらにお得になります。

詳しくは公式サイトで確認

 

確かに一度に支払う金額は大きいですが、マンツーマンのコーチングプログラムを1年も受けられるのはトライズだけです。

 

ただ期間が長いだけではダラけるだけで全く英語が身に付きませんが、コンサルタントの徹底管理がある中での長い学習は、短期間で一気に身につけたものに比べ英語の定着率が格段に上がり、忘れにくくなるのです。

 

せっかく英語を習得するのなら、短期間で一時的に英語を話すためではなく、長期間みっちり学習し、第二言語として今後長く話していくための投資をしてみてはいかがでしょうか?

↓↓↓分割払いも低金利!↓↓↓

まずは無料カウンセリングで目標を明確にする⇒

トライズはオンラインコースの受講生でも全国のスクールが利用可能

オンライン受講生も全国にあるトライズのスクール施設を利用することも可能です。

 

スクールを利用するメリット

可能な人は、実際にスクールに行ってみることも非常にオススメです。

スクールで得することは以下のことです。

 

フリースペースを利用した自習ができる

フリースペースで自習をすることで他の受講生が勉強しているのをみて刺激を受けることもできます。

 

セミナー・パーティーなどのイベントに参加できる

ここでは、他の受講生と様々なコミュニケーションをとる機会もあり互いに刺激し合うことができます。

 

受け放題のフリートークレッスンを受講できる

通常のレッスン以外に、フリートークでも学ぶことはたくさんあります。むしろ、フリートークこそ実践的なレッスンかもしれません。

これが受け放題です。

これもトライズの強みと言えるでしょう。

 

また、ご都合のついた日だけ、

普段オンラインで行っている専属コンサルタントとの面談をスクールで対面で実施することもできます。

 

トライズのスクール一覧

トライズの全スクールは以下から確認しましょう。

大阪(1校)
兵庫(1校)
愛知(1校)

↓↓実際のスクールにもメリット多数!↓↓

実際に行きたいスクールで申し込んでみる⇒

 

いかがでしょうか?

妥協できない、もしくは合わないデメリットがあったでしょうか?

 

もし合ったなら、身を削ってでも無理してDMM英会話を受講する必要はありません。

新たにトライズ』を検討しましょう。

 

そこで、あなたの状況や目的、英語を喋れるようになったらやりたいことなど、どんな細かいことでも全て伝えてみてください。

優秀なコンサルタントが親身になって一緒に目標を立ててくれるので、躊躇はするかもしれませんが、まずは無料カウンセリングから英語習得への一歩を踏み出してみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました