外資系に内定!でも英語が話せない!たった3ヶ月で入社に自信をもつ方法

英語の悩み

奇跡的に外資系企業に内定が決まった!

 

 

外資系企業は世間一般的にエリートが入社するイメージがあるため、周りの人たちからの評価もかなり上がることでしょう。

〇〇さん外資系企業で働いてるらしいよ!

すご〜い!

めっちゃエリートじゃん!

みたいな感じです。

 

 

しかし、あなた自身は100%喜べていないのではないですか?

 

 

おそらくその理由は、

 

「実は英語が話せないんだよなぁ」

 

という不安があるからだと思います。

 

 

ただ、そんなに不安に思うことはありません。

 

実は英語ができなくても外資系企業で働いている人はたくさんいるのも事実なのです。

 

一言に「外資系企業」といっても、英語がほとんど必要ない業務や職種も多数あるので、あなたが内定を決めた企業はそのような企業なのかもしれません。

 

外資系企業で働くメリットはたくさんあるので、まずはその企業に内定したことを素直に喜んでいいと思いますよ!

 

外資系企業で内定を決めたら喜ぶべきメリットとは?

まずは、外資系企業は様々な魅力があるので、実際に数ヶ月後に外資系企業に入社して充実した社会人生活を送っている自分を想像してみてください。

 

外資系企業で働くメリット ①給与の水準が高い

 

②自分の実力に応じた評価を受けられる

 

③プライベートな時間をしっかり作れる

 

給与の水準が高い

まず外資系企業のメリットで真っ先に思い浮かぶのが給与水準が高いことではないでしょうか。

 

実際、日本企業の平均年収が約420万円であるのに対し、外資系企業の平均年収は約800万といわれます。

 

つまり、2倍近くも給与水準が高いので、生活にも余裕ができ、広い庭付きの一軒家や高層マンションでの優雅な生活憧れの高級車にさっそうと乗りこなすのも夢ではありません。

 

また、男性的な考えで言うと、経済的に余裕ができると心にもゆとりが持てるため、包容力があり、頼り甲斐のある人として見られるようになり、女性からの評価も高まるというのもメリットと言えるのではないでしょうか。

taison
taison

やはり、余裕がある男はモテますよね?

 

 

女性に関しても、経済的に余裕ができると美容やファッションなどによりお金を使うことができるようになり、さらに自分に磨きがかかることでしょう。

トレーナー

高級エステやジム通い、ブランド物をかっこよく身につけている女性も憧れますよね?

 

 

 

自分の実力に応じた評価を受けられる

また外資系企業は、日本企業に比べ自分の実力がそのまま評価に反映されやすいという特徴があります。

 

つまり、能力が高ければ年齢や性別にかかわりなく評価されるため、モチベーションを高く保つことができ、仕事に充実感を持ちやすくなるのもメリットの1つです。

 

そのため、頑張れば頑張るほど給料も上がりますし、

若手でのプロジェクトリーダー女性会社役員などキャリアアップも十分狙えるのです。

 

今も日本企業に多くある、「長く働けばその分給料が上がっていく」というわずらわしいシステムにうんざりしている人にとっては、非常に適した環境と言えるのではないでしょうか。

taison
taison

年功序列の世界では、「明らかに自分の方が仕事ができるのに、何で仕事でミスばかりしているあの先輩の方が給料が高いんだ!

のような不満も出てきますよね?

このような日本企業特有のシステムは外資系企業ではほとんどないのでやる気も出ますね。

 

 

プライベートな時間をしっかり作れる

外資系企業は、勤務形態の自由度の高さや休暇の取りやすさという点においても大きなメリットとなります。

 

外資系企業では、家庭環境や休日退勤後などのプライベートな時間を重視するところも多くあります。

 

そのため、在宅ワークが可能であったり、残業も少なく、有給休暇の取得率も日本企業と比べて高い傾向にあります。

 

在宅ワークが可能だと、このコロナ禍において、行動自粛が強いられている中でも問題なく仕事ができますし、子育てをしながらの仕事も可能となります。

 

また、残業が少なければ仕事終わりにゴルフの打ちっぱなしでひと汗かくこともできますし、喫茶店でのんびり一息つくこともできるなど、自分の趣味などの有意義な時間が過ごせます。

 

 

有給休暇の取得率の高さも魅力的です。

日本企業の場合、有給休暇を積極的に取ろうとすると、

 

「周りが一生懸命働いているのに自分だけ…」

「自分の都合の良い時だけ休んで…」

 

と冷たい目で見られる文化が未だに多く残っています。

 

そのため周りに気を遣い、結局有給休暇を消化できずに終わるということになってしまいます。

 

しかし、外資系企業では、どの社員も有給休暇を積極的に取ります。

 

「家族で旅行に行くために休みます」

「この日は体調が悪いので休みます」

 

など、自分の都合の良い日に有給休暇を取ることも全然OKなのです。

 

外資系企業では、人の休みに関してとやかく気にするような人はほとんどいません。

 

そのようないい意味でドライな環境も魅力の1つと言えます。

 

 

その他のメリットとして「多様な文化に触れられる」「視野が広がる」「スピード感がある」などのメリットもあげられているところも多いですが、

 

実際に、本当にメリットとしてイメージしやすいのは、おそらく上記の3つだと思います。

 

 

いかがでしょうか?

 

あなたはそのような外資系企業に内定が決まっているんですよ!

 

ワクワクしますよね?

 

 

 

このワクワクを確実に自分のものにするためにも、あなたが今不安に思っている今の現状をしっかり受け止めておきましょう。

 

外資系企業で英語を話せないと損をする?

もしあなたが内定をもらった企業で任される最初の業務が、英語をあまり必要としないものだったとしても、のちのち必ず損をします!

 

もし、英語が話せなければどうなっていくかも1度考えておきましょう。

 

外資系企業で英語が話せないと損をする理由 ①業務が遅れる

 

②ミスが多くなる

 

③任される業務が限られてしまう

 

④本社や海外支社とのやりとりができない

 

⑤キャリアアップできない

 

 

業務が遅れる

外資系企業では、本社や海外支社なども含めた(※1)ヘッドカウント(※2)バジェットの縛りなどの影響もあり、社内マニュアルや手続き、社内のシステムなどがすべて英語であることがほとんどです。

 

つまり、英語力が分からなければひとつひとつの手続きにおける確認作業でいちいち翻訳する手間がかかってしまい業務に遅れが出る可能性があります。


(※1)ヘッドカウント直訳すると頭数で、支社や部署、部門ごとに正社員、契約社員、派遣社員といった人員が何人配置されているかを把握するためのもの。

大半の外資系企業は、このヘッドカウントをもとに本社に主要機能を置き、各国の支社に必要最低限の機能を置くことでコスト削減を図るようになっている。

 

(※2)バジェット一般的に予算や経費、運営費など訳される。


 

ミスが多くなる

本社や海外支社の社員、外国人の上司などからの指示や業務依頼を受ける際、英語ができなければ業務内容を正しく理解し把握できなかったり、意思疎通がうまくできないので、致命的なミスにつながる可能性が大いにあります。

 

任される業務が限られてしまう

企業によっては社員に向けて研修や勉強会などが開催される場合があります。

しかしそのような研修などは英語で行われることも多く、英語力がないことで会社が求めるスキルや知識を現状以上に身につけることができません。

 

そのため、仕事の幅がそれ以上広がらず、外資系にいるのに視野が狭く将来性の無い社員として見られてしまう可能性があるのです。

 

本社や海外支社とのやりとりができない

本社や海外支社とのやりとりは当然英語で行うことになります。

 

しかし、英語が話せなければさまざまな交渉事などで日本支社がピンチになる可能性があります。

最悪そのせいで日本支社のポジションが無くなってしまうといった取り返しのつかない事態に陥る可能性も出てくるのです。

 

キャリアアップできない

たとえ最初は英語が必要なくても、外資系企業で十分な評価を受け、キャリアアップを果たすためには、やはり英語力必須となります。

 

英語ができれば、先ほどお伝えした業務に必要なスキルを身につけるための研修や勉強会なども有意義に受けられ、仕事の幅が一気に広がりますし、一気に出世の道を進むきっかけとなるかもしれません。

 

また、役職が進むにつれて本社や海外支社とのやりとりが増え、上層部に報告したり会議に出席したりするやりとりが必要となります。

 

そのため、キャリアアップするためには高い英語力は必要不可欠なのです。

 

裏を返せば、英語ができなければその可能性も限りなく0となり、スピード感のある外資系企業の流れに乗り遅れて、最悪「解雇」という事態に直面する可能性もあるのです。

 

 

いかがでしょうか?

 

 

外資系企業の特徴として、

  • 終身雇用ではない
  • 福利厚生・退職金はあまり期待できない
  • 完全実力主義

 

であるということはこれまでの説明でなんとなく理解できたと思います。

 

 

やはり、仕事が遅いとそのあとの自分の時間は当然短くなりますし、

 

いつまでも成長できない社員はいずれ見放されることもあります。

 

また、より高い給料をもらいイメージしている優雅な生活を手にするには仕事で結果を残し続けて常に会社に必要とされる人材である必要があります。

 

外資系企業に内定が決まっても英語ができなければ、その先はたかが知れているのです。

 

 

しかし、逆に英語をしっかりと身につけてそれを仕事に活かすことができるようになれば、あなたのイメージしている充実した生活が手に入るのです。

 

外資系に内定して英語ができなくても3ヶ月あれば何とかなる!

外資系企業に内定をもらって入社するまではおそらく数ヶ月しか時間はないでしょう。

 

そんな中、英語をマスターするなんてことは無理だろうと思っていませんか?

 

 

たしかに、すぐに英語がペラペラになることはほぼ不可能でしょう。

 

 

しかし、3ヶ月もあれば英語への抵抗はほぼなくすことができます。

 

その壁さえ突破できれば、入社後にもどんどん英語力を伸ばすことも可能ですし、ネイティブに近づくことも夢ではなくなるのです。

 

たった3ヶ月で確実に英語習得を目指すなら英語コーチングスクール

残り数ヶ月しかなくても確実に英語の習得を目指すなら、週に1回、2回の英会話スクールにいつまでも通うより、断然英語コーチングスクールを選んだ方が結果が出ます。

 

英語コーチングスクールが確実に短期間で英語習得できる理由は以下の通りです。

・1人1人の細かな状況に合わせた完全カスタマイズのカリキュラムで学習効率が格段に上がる

 

・どんなに忙しくても膨大な学習時間を確実に確保できる

 

・第二言語習得理論に沿った学習を挫折せずに必ず続けられる徹底サポート付き

 

・英語習得のための正しい勉強の仕方を教えてくれる

 

完全カスタマイズのカリキュラムで学習効率が格段に上がる

英語の学習をする上で、大勢の人がまとまって授業を受ける一般的な英会話スクールは、

個々にそれぞれ違う「英語習得の目的・目標」、「得意分野」や「苦手分野」に細かく対応できないという点で、大きなデメリットとなります。

 

英語コーチングスクールならこの全てに対応できるように1人1人に最も適した内容を考え、カリキュラムを完全カスタマイズして提供することができるのです。

 

どんなに忙しくても膨大な学習時間を確実に確保できる

英会話スクール コーチング系
学習時間 月に約4時間程度
(週1時間)
月に約80時間
(1日2~3時間)

一般的な英会話スクールと英語コーチングスクールの英語の学習時間の違いは表を見れば一目瞭然で、

 

その差はなんと驚異の約20倍です。

 

コーチングスクールで3ヶ月学習する場合、計240時間となりますが、

 

一般的な英会話スクールで同じ時間をこなす場合だと4年以上もかかってしまう計算になるのです。

 

第二言語習得理論に沿った学習を挫折せずに必ず続けられる徹底サポート

コーチングスクールでは、第二言語習得理論に沿った英語学習はほぼ必須となります。

 

しかし、この方法は効率が良いのは間違いありませんが、決して楽して英語を習得できるというものではありません。

 

そのため、かなり意志が強くなければほぼ途中で挫折してしまうでしょう。

 

しかしコーチングスクールでは、専属コンサルタント(トレーナー)が、モチベーションの維持などを徹底的に行いサポートしてくれるので、「自分は意志が弱い」、「どうしても誘惑に負けてしまう」のような自分に甘い人でも、挫折せずに最後までやり遂げることができます。

taison
taison

メールやLINEを通じて日々の学習の進行具合をチェックしてくれたり、

成績が停滞してくる時期も熟知されているので、学習内容の適切なアドバイスをくれたりと、様々なサポートをしてくれますよ!

 

そのため、大手英語コーチングスクールは満足度、継続度ともに90%を越える実績を残しています。

卒業後でも自力で英語力を伸ばす学習方法が身につく

基本的に英語コーチングスクールの学習期間の相場は2~3ヶ月と短期間なので、

 

必ずネイティブレベルに英語が流暢になるとは限りません。

 

しかし、専属トレーナーのサポートにより正しい学習法と習慣を身につければ、卒業後も自力で英語力を伸ばすための効率的な学習が続けられ、

 

外資系企業に入社後も業務をこなしながら隙間の時間にコツコツと学習を行うことでネイティブレベルの英語習得も決して届かない目標ではなくなるのです。

 

たった3ヶ月で英語を習得できるおすすめの英語コーチングスクール

英語コーチングスクールといっても、多数のスクールが存在します。

 

そのため、迷ってしまい決められないということもあるかも知れません。

 

そこで、1つの選ぶ目安としてあなたにおすすめの英語コーチングスクールを紹介していきたいと思います。

 

とにかく短期間でできる限り「英語を話せるようになる」を重視するなら『ライザップイングリッシュ』

とにかく短期間で英語でコミュニケーションが取れるようになりたいという人は、ライザップイングリッシュがおすすめです。

 

ライザップイングリッシュの特徴

①圧倒的なアウトプット量

②英語を英語のまま理解できる「英語脳」養成トレーニング

③ネイティブ講師との実践トレーニング(24時間いつでもOK)

④日本人専属トレーナー

⑤オンライン完全対応

ライザップイングリッシュの1番の特徴は、とにかくアウトプットを重視して、英語を『話す』ということに特化しているということです。

 

また、講師も日本人なので初心者でも安心感がありますし、分からないことがあっても講師が日本人だと質問もしやすいので、途中でつまずくことも少ないと思います。

 

そのため、レッスン満足度専属トレーナー満足度が共に98%というのも納得です。

 

オンラインでの受講も可能なので、

 

「コロナ禍で通うのが不安」

「家が東京じゃないから通えない」

 

という人でも心配はいりません。

ライザップイングリッシュを詳しく知りたい人はコチラ⇒

 

受講終了後も自力で英語力をあげていける能力を身につけたいなら『プログリッド』

一度ぐんっと短期間で英語の総合力を底上げして、それから理想の英語レベル習得まで自力で駆け上っていける能力を身につけたければプログリッドがおすすめです。

 

プログリッドの特徴

①受講生の94%がビジネスパーソン

②第二言語習得理論をさらに独自に応用した最強プログラム

③採用率0.85%!ビジネス英語を知り尽くした専属コンサルタント

④学習管理アプリ・学習専用アプリの充実

⑤オンライン完全対応

プログリッドの最大の特徴は、講師陣が第二言語習得理論を知り尽くしたプロフェッショナルであることと受講後のサポートが充実していることです。

 

そのため、自分がどのようにしたら効率良く英語力を高めていけるかをしっかり受講生に落とし込んでくれるので、受講期間が終わっても、自力でどんどん英語力を高めていけるので、

将来的に英語を扱うつもりなら、今後自分にとって得られる価値は最も大きいのではないでしょうか。

 

また、ビジネスパーソンの利用率No. 1のプログリッドなら、仕事をしながらでもしっかり時間を確保して目標達成を目指したいという人も非常に信用しやすいと思います。

 

もちろんプログリッドもオンラインでの受講が可能で、

実際に通うのと同じクオリティでレッスンが受けられるので、安心です。

 

英語学習コンサルティング【PROGRIT(プログリット)】

コメント

タイトルとURLをコピーしました